東京工科大学 HOME> プレスリリース> 2013年のプレスリリース> JAXA OPEN API 2013に本学メディア学部・大学院メディアサイエンス専攻生が参加

プレスリリース

Press Releases

JAXA OPEN API 2013に本学メディア学部・大学院メディアサイエンス専攻生が参加

2013年3月7日掲出

JAXA OPEN API 2013

 JAXAが公開している「はやぶさ」のデータを利用して、大学生達による新たなデータ利用のアイデアを創造するプロジェクトである「JAXA OPEN API 2013」の最終発表会が開催され、多摩美術大学と共に本学メディア学部の3年生を中心に学生およそ30名が参加致します。

 学生達は今まで学んできた、ゲームやアプリ、電子工作の制作スキルを用いて、春休みという短期間に、JAXA OPEN APIという決められたテーマに挑みます。彼らの作り出すコンテンツが、宇宙データにサイエンスだけでなくクリエイティブの光をあてることで、新たな利用価値を生み出すことになります。

 JAXA OPEN APIプロジェクトは、次年度以降はより広く実施される予定ですが、学生達はその初年度のプロジェクトに参加し、日本科学未来館に来場される数多くのお客さまの前で自分たちの作品を発表し展示する機会を得ました。この経験と名誉が今後の学生の成長に繋がります。

JAXA OPEN API 2013 記念写真

■JAXA OPEN API 2013
–主催:JAXA Open API Project Team
–日時:2013年3月24日(日) 10:30-13:00
–会場:日本科学未来館 1Fシンボルゾーン
–内容:企画説明、作品発表、データ利活用に関する講演
–入場無料

作品展示
•期間:2013年3月24日(日)~3月31日(日)
•場所:1Fオリエンテーションルーム or 5F常設展示宇宙コーナー付近

■JAXA OPEN API GOOGLE+サイト
https://plus.google.com/+JAXA-PR/posts

■日本科学未来館WEB<ちょっと宇宙へ>「JAXA OPEN API 2013」(「10日間の地 球合宿」特別プログラム)
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/130304107667.html