医療保健学部

School of Health Sciences 蒲田

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> カリキュラム・学びの流れ【臨床工学科】

臨床工学科
カリキュラム・4年間の学びの流れ

専門基礎科目

2系統から構成され、医学系科目は解剖学、生理学など医療人としての必須科目。一方、工学系科目では電気工学、電子工学、医用機械工学などを学び、医療機器への理解を深めます。

専門科目

「医用生体工学」「医用機械学」「生体機能代行技術学」「医用機器安全管理学」「関連臨床医学」「臨床実習」の6領域。医用機器や装置の基礎から、内科・外科の知識などを学びます。

1年次
  • フレッシュマンイングリッシュⅠ・Ⅱ
  • 物理の世界
  • 化学の世界
  • コンピュータ概論Ⅰ・Ⅱ
  • コンピュータリテラシー演習Ⅰ・Ⅱ
  • フレッシャーズゼミ
  • 人体解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • 数学(線形代数)(微分積分)
  • 医学概論
  • 工学基礎演習
  • 生理学Ⅰ
  • 電磁気学
  • 医療入門演習
  • 臨床工学概論 ほか

1年次 科目Pick Up!

人体解剖学Ⅰ・Ⅱ

臨床工学技士としての学問体系の基礎となる人体の基本的構造を、細胞から器官にいたる各単位について学びます。

社会人としての教養と、専門科目を学修するうえでのベースとなる基礎医学、基礎工学、臨床工学系の導入科目を学修。1 年次から高度な医療機器全般への関心を高めることを目標とし、臨床工学技士をめざす意識を高めます。

2年次
  • 生理学Ⅱ
  • 臨床微生物・免疫学
  • 工学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 病理学
  • 臨床生化学
  • 電気工学
  • 電子工学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床薬理学
  • 医用機械工学
  • 基礎医学実習
  • 臨床心理学
  • 数学(応用解析学)
  • 内科系臨床医学Ⅰ
  • 生体機能代行技術学
  • 生体計測機器学
  • 外科系臨床医学Ⅰ
  • 血液浄化学演習
  • 呼吸療法学演習
  • 体外循環学演習
  • 医用治療機器学 ほか

2年次 科目Pick Up!

生体機能代行技術学

体外循環技術・血液浄化技術・呼吸療法技術の理論を体系的に学び、演習・実習によって段階的に理解を深めていきます。

医療従事者にとって必要な人体の構造と機能を学ぶ基礎および臨床医学と工学領域を学び、さらに臨床工学系専門科目を中心に履修します。体外循環技術や血液浄化技術、呼吸療法技術の理論を体系的に学び、3 年次からの演習・実習に備えます。

3年次
  • システム制御工学
  • 工学演習Ⅰ
  • 医用機器安全管理学
  • 生体機能代行装置学実習
  • 内科系臨床医学Ⅱ
  • 外科系臨床医学Ⅱ
  • 医用機器演習
  • 医用画像機器学
  • 生体物性材料工学
  • 生体機能代行装置学実習
  • 医用機器安全管理学実習
  • 臨床工学演習 ほか
  • 臨床実習[6週間]

3年次 科目Pick Up!

臨床実習

生命維持管理装置などの機器が実際にどのように生体へ適用されているかを、臨床工学技士の業務を通して学修。さらに、現場における他職種との連携についても学びます。

医療機器に関する科目を中心に生体機能代行装置学などの演習・実習や、先進医療機器に関する理解を深め、装置のメカニズムや機能、操作の方法を理解します。3年次後期は臨床実習に臨みます。

4年次
  • 統計学
  • 工学演習Ⅱ
  • 公衆衛生学
  • 情報工学特論
  • 医療情報演習
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
  • 医療安全・人間工学概論
  • 臨床工学セミナー
  • 実践医学統合講義
  • 医用工学特別演習
  • 実践医学特別演習

4年次 科目Pick Up!

医療安全・人間工学概論

ヒューマンエラーの心理学的基礎・事故事例、安全対策・事例分析など、安全人間工学の各領域と人間工学の概要を学びます。

履修してきた各科目を総合し、最新の医療に関して学ぶ臨床工学セミナーと、問題発見と解決方法を学ぶ卒業研究で構成し、大学教育の総仕上げを行います。


大学院進学

就職

※代表的な科目のみ掲載。変更になる場合があります