医療保健学部

School of Health Sciences 蒲田

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> カリキュラム・学びの流れ【看護学科】

看護学科
カリキュラム・4年間の学びの流れ

専門基礎科目

2分野で構成されています。ひとつは看護の対象者の環境、保健・医療・福祉に関する科目群です。2 つめは看護の軸となる人体構造と機能、主な疾病のメカニズムと治療法を学ぶ科目群です。

専門科目

看護を実践するための専門的知識と技術を修得するために、「看護の基礎」「看護の方法」「看護の実践」「看護の統合」「看護の発展」の5分野を学びます。

看護師国家試験受験資格のみを取得する場合の例を記載

1年次
  • フレッシュマンイングリッシュⅠ・Ⅱ
  • コンピュータリテラシー演習Ⅰ・Ⅱ
  • フレッシャーズゼミ
  • 医療科学の基礎Ⅰ・Ⅱ
  • 癒しのケア学
  • 保健医療福祉論
  • 生命倫理
  • 人体構造学
  • 人体機能学
  • 医学概論
  • 病理病態学Ⅰ
  • 看護学概論
  • 基礎看護技術Ⅰ・Ⅱ ほか
  • 基礎看護学実習Ⅰ[1週間]

1年次 科目Pick Up!

癒しのケア学

人々のホメオスターシス(恒常性の維持機能)に働きかける望ましい環境や、さまざまな看護・医療場面における「癒し」の技術について学びます。

社会人・国際人として活躍できる教養と、専門科目を学修するうえでのベースとなる基礎教育科目、看護の対象となる人を理解するための専門基礎科目(人間社会と医療)(人体のメカニズムと疾病・障害)を中心に学びます。

2年次
  • 臨床心理学
  • 保健統計学
  • 臨床微生物・免疫学
  • 病理病態学Ⅱ
  • 疾病治療論Ⅰ~Ⅴ
  • 臨床薬理学
  • 基礎看護技術Ⅲ
  • 看護過程
  • ヘルスアセスメント
  • 各看護学概論
  • 各看護学Ⅰ
  • 健康学習論
  • 家族看護学
  • 医療・看護情報学 ほか
  • 基礎看護学実習Ⅱ[2週間]

2年次 科目Pick Up!

基礎看護学実習Ⅱ

看護の対象を理解し看護援助ができる基礎的能力を養うことを目的に、初めて患者を受持ち、具体的な看護援助を計画・実施します。

専門基礎・専門科目(看護の基礎)で、より広い視野を養います。看護を構成する主な概念を学び、「看護とは何か」を考える基盤づくりと、基本的な援助技術のほか、対人関係、看護倫理などに関する基本的な知識を学びます。

3年次
  • 臨床工学演習
  • 臨床栄養学
  • 各看護学Ⅱ
  • 各看護技術演習
  • 精神看護学
  • 在宅看護学
  • 産業看護学
  • 看護研究
  • 医療安全・人間工学概論
  • 認知症ケア ほか
  • 母性・小児・成人・高齢者
    ・精神看護学実習[計14週間]

3年次 科目Pick Up!

臨床工学演習

看護に関連する医療機器を取り上げ、その使用に必要な基礎的知識や取り扱い技術について、実際の機器に触れながら学修します。

専門科目(看護の方法・実践)を通して、より専門的な看護を実践するための知識と技術を修得します。母性・小児・成人・高齢者・精神・在宅・地域の各看護の方法について、臨地実習を含めて学修します。

4年次
  • 卒業研究
  • 看護管理学
  • 災害看護学
  • 看護工学
  • 看護総合セミナー
  • 国際看護学
  • 先端医療総合講義
  • リプロダクティブ・ヘルスケア
  • ファミリーサポート論
  • リハビリテーションケア
  • パリアティブケア ほか
  • 在宅・地域看護学実習[計3週間]
  • 統合看護実習[3週間]

4年次 科目Pick Up!

看護総合セミナー

4年間の学びの総仕上げとして、これまで学んだ知識・技術の定着と今後のキャリア形成のあり方を考察します。

専門科目(看護の統合・発展)により、より専門性の高い看護を学修します。また、卒業研究を通して研究的な視点を養うとともに、生涯学習習慣の基礎形成をめざします。


大学院進学

就職

※代表的な科目のみ掲載。変更になる場合があります