医療保健学部

School of Health Sciences 蒲田

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> カリキュラム・学びの流れ【作業療法学科】

作業療法学科
カリキュラム・4年間の学びの流れ

専門基礎科目

①人体構造と機能の科目、②疾病と障害、回復過程の科目、③高齢社会の保健医療と地域連携の科目など、作業療法士として総合的・基本的な知識とものの見方、判断力を養う科目が揃います。

専門科目

「基礎作業療法学」「作業療法評価学」「作業治療学」「地域作業療法学」「臨床実習」の5 つで構成。早い時期から対象者と接する経験を重ね、最終学年の臨床実習につなげます。

1年次
  • フレッシュマンイングリッシュⅠ・Ⅱ
  • コンピュータリテラシー演習Ⅰ・Ⅱ
  • フレッシャーズゼミ
  • 心理学
  • 解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • 生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 医学概論
  • 解剖学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 運動学
  • 人間発達学
  • 文章表現リテラシ
  • 作業療法学概論
  • 基礎作業学実習 ほか
  • 早期体験実習
  • 地域体験実習

1年次 科目Pick Up!

地域体験実習

1年の早期から、複数班に分かれて作業療法士が働く急性期病院、精神科病院、デイケア、老人保健施設、発達障害領域の施設などの見学により、作業療法への理解を深めます。

社会人としての教養と、専門科目を学修するうえでのベースとなる基礎教育科目、正常な人体の構造と機能について、個体・器官・組織の各レベルで学ぶ専門基礎科目(基礎医学)を中心に構成されます。

2年次
  • 生理学実習
  • 公衆衛生学演習
  • 精神医学
  • 運動学実習
  • 整形外科学
  • 神経内科学
  • 病理学
  • 臨床心理学
  • 一般臨床医学
  • 小児科学
  • リハビリテーション医学
  • 作業評価学
  • 身体機能評価学
  • 精神機能評価学
  • 認知機能評価学
  • 活動・参加評価学
  • 作業療法実践論
  • 地域生活支援と作業療法
  • 作業療法原論 ほか

2年次 科目Pick Up!

地域生活支援と作業療法

対象者が医療機関から地域生活へ移行するうえで、作業療法士が行うべき家族や生活環境に対する支援について学びます。授業の中では毎年、東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展にも出向いて、さまざまな福祉機器などについて学びを深めます。

医療従事者にとって必要な人体の構造と機能を学ぶとともに、先端のバイオ・ゲノムの知識についても専門基礎科目に網羅されています。専門基礎科目(臨床医学)と専門科目で、作業療法の基礎となる理論と技術を学修します。

3年次
  • 老年医学
  • 臨床運動学演習
  • 作業療法原論演習
  • 作業療法研究法
  • 精神機能評価学演習
  • 認知機能評価学演習
  • 身体機能作業療法学
  • 義肢装具学
  • 認知機能作業療法学
  • 精神機能作業療法学
  • 生活行為と作業療法
  • 地域生活支援と作業療法演習
  • 発達と作業療法
  • 総合作業療法学
  • 就労支援と作業療法
  • 特別支援教育と作業療法演習 ほか
  • 評価実習[2週間×2]

3年次 科目Pick Up!

特別支援教育と作業療法演習

これからますます期待される、特別支援教育における作業療法士の関与について学びを深めます。授業の中には、実際に日本のトップランナーとして活躍されている先生方の講義も組み込まれています。

より実践に近い科目で応用を学びます。生活をする人間としての対象者の機能( 精神機能・身体機能・認知機能)と活動・参加にフォーカスし、作業療法の考え方、実践過程、生活行為と作業療法について実習・演習します。

4年次
  • 作業療法卒業研究
  • 作業療法管理学
  • 作業療法セミナー
  • 先端医療総合講義
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ[8週間×2]

4年次 科目Pick Up!

作業療法管理学

作業療法士として、組織のリーダーになるためのマネジメントや自身のキャリアデザイン、社会に出た際の問題解決となるセルフマネジメントについて学修します。

臨床実習で職業倫理や行動、作業療法士としての実践力を養うとともに、大学での学びの総仕上げとして、卒業研究に取り組みます。


大学院進学

就職

※代表的な科目のみ掲載。変更になる場合があります