コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

人工知能・機械学習研究室(柴田研究室)

研究内容
人工知能、特に機械学習の応用研究および基礎研究を行っています。最近は主に、深層学習に関する研究を集中的に行っています。深層学習とは、10-100層以上の深い階層、100万-1000万個以上の非常に多数の「重み」を持った、深層ニューラルネットワークを、訓練データに最適なように、学習させるものです。深層学習の応用例として、医学データ(CTG)の解析、画像認識、文字認識、自動運転、機械翻訳、絵画の自動生成、音声認識、対話システム、などの研究に取り組んでいます。また、より本質的な、機械学習に関する基礎研究も行っている。例えば、ノンパラメトリックベイズを利用した自然言語処理基盤技術の研究や、確率統計を用いた学習の可能性や効率性に関する理論の研究、深層学習の手法そのものの研究も行っています。
人工知能・機械学習研究室(柴田研究室)
研究テーマ
1. 深層学習
2. 自然言語処理・画像認識
3. 統計的学習理論
研究キーワード
画像の認識・生成 , 自然言語・時系列データの解析 , 統計的学習・深層学習の手法
プロジェクト独自ページ

http://www.ai.cs.teu.ac.jp/

担当教員
柴田 千尋 / SHIBATA, Chihiro / シバタ チヒロ
講師
専門分野: 機械学習、並列分散処理
プロフィール: 東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻修士課程および博士課程修了後、同大学院情報学環特任研究員