メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

コンピュータビジュアリゼーション

研究内容
コンピュータビジュアリゼーション
クリックで拡大
コンピュータビジュアリゼーション
クリックで拡大
コンピュータビジュアリゼーション(可視化)は、コンピュータグラフィックス(CG)の技術を用い、数値データに潜む現象の視覚的な解析を可能にする技術です。このプロジェクトでは、数値計算や実験などによって得られた科学技術データの可視化から、物理的な次元をもたない多変量のデータを扱う情報可視化など、さまざまな可視化技術について研究をします。可視化の研究では、単純に画像を作成するだけではなく、作成した画像から何らかの知見が得られるような可視化結果を作成することが重要です。対象となるデータから新たな現象や因果関係を解明するような可視化技術を開発することを目指します。
研究テーマ

1.航空機後方に生じる乱気流データの可視化
2.超新星爆発データの可視化
3.脳動脈瘤データの可視化
4.計算報道学における可視化支援環境の開発
5.音楽情報の可視化

プロジェクト独自ページ

             
担当教員
竹島 由里子 / TAKESHIMA,Yuriko / タケシマ ユリコ
准教授
専門分野: 可視化、コンピュータグラフィックス
プロフィール: 可視化全般に関する研究に従事。主に、科学技術データの可視化を専門とし、微分位相構造に基づく高度可視化や可視化支援環境に関する研究を行っている。