メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

コンピュータビジュアリゼーション

研究内容
コンピュータビジュアリゼーション(可視化)は、数値シミュレーションや実験、SNSなど、様々な分野のデータを視覚的に解析する有用な技術として、広く利用されています。本研究室では、様々な現象の複雑なダイナミクスや、インターネット上の大規模なデータ内に潜む有用な知見を探求するための高度なビジュアルコンピューティング技術に着目しています。また、多感覚を利用したデータ解析に関する研究も行っています。
コンピュータビジュアリゼーション
微分位相構造の基づく流れ場の重畳可視化
実写で撮影した流れ場に、コンピュータ内で解析した可視化結果を重畳

研究テーマ

1. 微分位相構造の基づく高度可視化
2. 協調的可視化環境の構築
3. 計算報道学のためのビジュアルアナリティクス

研究キーワード
ビジュアリゼーション(可視化) , データ解析 , CG
プロジェクト独自ページ

担当教員
竹島 由里子 / TAKESHIMA,Yuriko / タケシマ ユリコ
准教授
専門分野: 可視化、コンピュータグラフィックス
プロフィール: 可視化全般に関する研究に従事。主に、科学技術データの可視化を専門とし、微分位相構造に基づく高度可視化や可視化支援環境に関する研究を行っている。