メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

ゲームサイエンスプロジェクト

研究内容
ゲームサイエンスプロジェクト
クリックで拡大
ゲームサイエンスプロジェクト
クリックで拡大
ゲームサイエンスプロジェクトでは、ゲーム制作に関係する技術全般を研究対象としています。「ゲーム制作」と一言で片付けてしまっていますが、制作する立場で考えるとこの言葉の持つ意味は膨大です。企画、シナリオに始まり、キャラクター、グラフィック、音楽、効果音を全て揃え、高度な理論を用いたプログラミングによって初めて姿を表わします。当プロジェクトでは、その全てが研究対象です。当プロジェクトが取り組んでいる代表的な研究領域としてCG、AI、サウンド、レベルデザイン、ゲームシステム、プログラミングなどがありますが、その他の領域への挑戦も歓迎します。名称に「ゲーム」という単語を冠していますが、 研究を追求する上ではゲームという形態に必ずしも拘る必要はありません。
研究テーマ

1.3次元形状処理
2.リアルタイムグラフィックス技術v 3.ゲームAI
4.ゲームシステム
5.自然現象シミュレーションやアニメーション自動生成

プロジェクト独自ページ

http://gamescience.jp

             
担当教員
渡辺 大地 / WATANABE, Taichi / ワタナベ タイチ
講師
専門分野: ゲームプログラミング、インタラクティブグラフィックス
プロフィール: 1994年慶応義塾大学環境情報学部卒業。
1996年慶応義塾大学大学政策・メディア研究科修士課程修了。
1999年より東京工科大学メディア学部講師。
CGやゲーム制作に関する研究に従事。