メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

メディアサイエンス専攻プロジェクト一覧

ミュージック・アナリシス&クリエイション

研究内容
ミュージック・アナリシス&クリエイション
クリックで拡大
ミュージック・アナリシス&クリエイション
クリックで拡大
本プロジェクトでは、音楽とそれに関わる多様な事象について、多角的な視点からの分析・調査研究や、研究によって得られた知見をもとに新たな表現を追求した作品の制作を行っています。また、ゲームやアニメ、テレビ、映画といった映像コンテンツでの音楽や音の役割・機能性なども研究対象としており、今後さらなる広がりが予想される視覚メディアにおける音楽表現の可能性についても模索します。
このような研究・制作の過程では、さまざまな領域に見られる音楽作品・音響コンテンツの分析のほか、作曲技法や音楽理論の研究、テクノロジーの進化によって変化していく音楽制作手法の検証といった取り組みが不可欠です。しかし、表現としての合理性や制作の効率化の向上のみに目を向けるのではなく、人とメディアとの関係やコミュニケーションのあり方など幅広い視座で音楽をとらえ、客観的に現状を俯瞰して未来を展望する意識をもつことが大切です。
研究テーマ

1.音楽および音楽に関する事象を対象とした分析・調査研究
2.上記1)の研究にもとづく音楽・音響作品の制作
3.映像コンテンツや舞台芸術における音楽・音に関する研究
4.音楽・音響表現に関わる制作手法・技術の研究

プロジェクト独自ページ

             
担当教員
伊藤 謙一郎 / ITO, Ken-ichiro / イトウ ケンイチロウ
准教授
専門分野: 作曲、音楽理論、ソルフェージュ
プロフィール: 尚美学園短期大学(現 尚美学園大学)音楽学科ピアノ専攻、国立音楽大学作曲学科卒業。
韓国・国立ソウル大学校音楽大学大学院作曲科修士課程修了。東京工科大学片柳研究所研究員を経て現職。