バイオニクス専攻研究室一覧

東京工科大学大学院 > 研究室・プロジェクト紹介 > 大学院 バイオニクス専攻 研究室一覧 > バイオインフォマティクス(土井晃一郎)研究室

バイオインフォマティクス(土井晃一郎)研究室

研究内容
コンピュータを用いて生物学の研究を行うドライ系の研究室です。近年の生物学の研究から生み出されてきて蓄積されているDNA塩基配列などのデータの量は莫大で、今後も更に大量のデータが生み出されてきています。そのような大規模で多様なデータを活用して生物学、医療に有用な知見を得るにはコンピュータの力が不可欠です。また、ただコンピュータを使うだけではなく高速で性能のいい計算手法を考えなくてはいけません。我々は大量のゲノム配列などのデータに対応するため、それらを処理するアルゴリズム、データマイニング手法の研究開発を行っています。また、生物実験系の研究者に役立つ研究開発を目指して、実際の生命、医療データに対する応用を行っています。
バイオインフォマティクス(土井晃一郎)研究室
研究テーマ

1.構造多型抽出のためのアルゴリズム開発
2.ハプロタイプ構造の解析、推定アルゴリズムの開発
3.疾患感受性遺伝子探索のためのアルゴリズムの開発
4.タンパク質の立体構造解析と機能推定
5.構造データのデータマイニング手法の開発

研究室ページ

https://doi-lab.bs.teu.ac.jp/

研究キーワード
バイオインフォマティクス , データマイニング
関連するSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
担当教員
准教授 
土井 晃一郎/ドイ コウイチロウ/DOI Koichiro
専門分野:バイオインフォマティクス、データマイニング