コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)

研究内容
高精度・高感度なニオイセンサシステムを開発する。ニオイ分子の吸着・脱離により、粘弾性・導電性・光吸収特性などの膜物性が可逆的に変化する感応膜を、分子情報をベースにデザインし、作製する。真空・放電を利用した薄膜化技術を中心に、最適な製膜手法を策定する。ニオイ分子との相互作用による表面ダイナミズムを表面分析や分子シミュレーションにより解析する。また、嗅覚の感性評価とセンサ応答との対応づけを図る。
香りセンシングと表面科学研究室(杉本研究室)
研究テーマ
1. ニオイ感応膜とニオイセンサシステムの開発
2. 感応膜におけるガス収着ダイナミクスの解明
3. コンピュータ化学や統計的データ処理による分子情報解析
研究キーワード
ニオイセンシング , 表面科学 , コンピュータ化学
プロジェクト独自ページ

http:// www2.teu.ac.jp/sugimoto/

担当教員
杉本 岩雄 / SUGIMOTO, Iwao / スギモト イワオ
教授
専門分野: 生体物質工学、表面科学、薄膜工学、生体および環境計測
プロフィール: NTT電気通信研究所(1985~2002)
 ・固体潤滑膜と表面分析に関する研究
 ・ニオイセンシングシステムの開発
東京工科大学(2002~)
 ・ガス吸着膜の表面ダイナミクスの解明
 ・高感度・高選択性を有するガス吸着膜の開発
 ・高精度ニオイセンシングシステムの開発