コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

思考と言語プロジェクト(亀田研究室)

研究内容
言語は、人間相互の意思疎通の道具、思考のための道具、知識記述の道具である。この言語をコンピュータも人間のように駆使することができれば、その社会的価値は高い。この研究では、未知の単語・統語規則を子供が言語獲得するように帰納的・漸進的に獲得する言語獲得モデルを構築するとともに、それに基づき大規模なテキストデータベースから未知言語知識を獲得するシステムを構築する。日本語と英語を対象としProlog言語で構築中。
思考と言語プロジェクト(亀田研究室)
研究テーマ

1. 未知語
2. 未知統語規則を帰納的
3. 漸進的に獲得するスマートパーザ

研究室ページ

@@@condition:ppageCheck:if:(http://kameken.clique.jp/ !=)@@@ http://kameken.clique.jp/

研究キーワード
未知語獲得 , 未知統語規則獲得 , 帰納論理プログラミング key4@@@!=@@@ key5@@@!=@@@ key6@@@!=@@@ key7@@@!=@@@ key8@@@!=@@@ key9@@@!=@@@ key10@@@!=@@@
tourokusya3@@@:entry=105074:if:!=@@@
担当教員
亀田 弘之
教授 
亀田 弘之/カメダ ヒロユキ/KAMEDA, Hiroyuki
専門分野:思考と言語、言語情報学、機械学習、知的情報検索、認知科学