コンピュータサイエンス専攻研究室一覧

データアナリティクス研究室(福西研究室)

研究内容
 ICT技術の発展とともに、社会の中で生成されるデータの量、種類、発生頻度は著しく増加しています。こうして生成されたビックデータを利活用することは、経営や政策などの意思決定に重要な役割を果たしています。本研究室では、社会の様々な意思決定を支援することを目的として、統計解析や機械学習の手法を用いてビックデータを分析し、新たな知見の発見や予測モデルの構築を行っています。特に、ヘルスケア、ファイナンス、スポーツの領域を対象としています。
 近年の機械学習は高い予測性能を追求するために、データ間の関係性をより複雑なモデルで表現しています。しかし、モデルの複雑さ故になぜその予測結果が出たのかということに対する説明責任を果たすことが困難となり、実社会に適用する場合には問題になることがあります。本研究室では、実社会に適用するために解釈性・説明可能性に重点を置いた予測モデルを研究しています。
データアナリティクス研究室(福西研究室)
研究テーマ

健康リスク分析、投資商品の価格変動分析、野球の戦術分析

研究室ページ

研究キーワード
ビッグデータ , 機械学習 , 統計解析 , 予測 , 因果推論
担当教員
福西 広晃
講師 
福西 広晃/フクニシ ヒロアキ/FUKUNISHI Hiroaki
専門分野:データサイエンス、バイオインフォマティクス、医療統計学