サステイナブル工学専攻研究室一覧

サステイナブル工学専攻研究室一覧

バイオポリマー研究室

研究内容
天然由来のリグニンを用いてエレクトロニクスや自動車などの材料となる高性能樹脂の開発。
光に応答して鼓動し人工臓器のように動く生命機能をもつ樹脂の開発。
刺激に応答して色や発光が変化するセンサー機能材料や、自己修復性をもつ高性能高分子、高い耐熱性や電気絶縁性、ガスバリア性をもつ高分子の開発。

バイオポリマー研究室
天然樹木に含まれるリグニンから高性能樹脂を開発している。図はリグニンの構造

バイオポリマー研究室
リグニン(天然樹木)と粘土から合成したフィルム。高いガスバリア性、絶縁性を持ち、スマホなどの電子基板や電気自動車材料として用いられる。

バイオポリマー研究室
天然樹脂からとれるリグニンから電着塗料を作成し、金属に塗布した図


研究テーマ
1. バイオマスポリマー
2. バイオ機能ポリマー
3. 刺激応答性ポリマー
研究キーワード
プロジェクト独自ページ

担当教員
山下 俊 / YAMASHITA, Takashi / ヤマシタ タカシ
教授/応用化学科長
専門分野: 高分子科学・光機能材料学
プロフィール: