メディアサイエンス専攻研究室一覧

柿本研究室

研究内容
画像処理やCG技術を使って何か面白いもの、何か便利なものを作り出す研究を行います。コンテンツそのものを作るのではなく、コンテンツ作りやモノ作りに役立つ要素技術を作ることが目標です。新しい表現技法や、作業を効率化するツールなどが成果物です。画像に関わる研究であれば広くテーマ設定を行います。プログラムを組むだけでなく、各種センサーやスペクトル撮影装置など、特殊な装置や材料を活用した技術も研究します。
柿本研究室
研究テーマ

1. 新しい画像表現の追求
2. コンテンツ制作支援

研究室ページ

研究キーワード
ビジュアルシミュレーション , 分光画像 , 視覚効果 key4@@@!=@@@ key5@@@!=@@@ key6@@@!=@@@ key7@@@!=@@@ key8@@@!=@@@ key9@@@!=@@@ key10@@@!=@@@
tourokusya3@@@:entry=105075:if:!=@@@
担当教員
柿本 正憲
教授 副学長
柿本 正憲/カキモト マサノリ/KAKIMOTO Masanori
専門分野:ビジュアルコンピューティング、コンピュータグラフィックス