メディアサイエンス専攻研究室一覧

サウンド×ヒューマン(大淵研究室)

研究内容
 このプロジェクトでは、その名の通り「音」と「人間」の接点に着目して研究を行っています。扱う音の種類としては、人間の声や音楽、騒音、機械の動作音、動物の声など様々なものがあります。これらの音を、コンピューターに取り込んで解析したり、逆にコンピューターで生み出した音を人間に聞かせたりする中で、どんな工夫ができるかを考えています。代表的な研究テーマとしては、音声認識や音声からの感情認識、音声合成や歌声合成、バイノーラル録音などの立体音響、聴覚心理などがあります。また、マルチメディアアートやインタラクティブパフォーマンスの研究も行っています。
サウンド×ヒューマン(大淵研究室)
研究テーマ

・雑音下での音声認識
・音声からの感情認識
・機械学習による音の分類
・歌声合成
・バイノーラル録音と聴覚心理
・音による集中力の変化
・警報音の設計
・データ可聴化によるマルチメディアアート
・音声認識を使ったインタラクティブパフォーマンス

研究室ページ

http://www.obuchilab.org/

研究キーワード
音声認識 , 音声合成 , 立体音響 , 聴覚心理 , 機械学習 , インタラクティブ , 可聴化
担当教員
大淵 康成
教授 メディア学部長
大淵 康成/オオブチ ヤスナリ/OBUCHI Yasunari
専門分野:音声認識、音声対話、音響信号処理
お問い合わせはこちら