東京工科大学大学院 HOME > コンピュータサイエンス専攻 > 環境分子科学:東京工科大学大学院

コンピュータサイエンス専攻

コンピュータサイエンス専攻

環境分子科学

担当教員名 / 単位数 杉本 岩雄 / 選択1単位
授業科目名 環境分子科学
講義の概要 分子に込められた情報をもとに生活環境を評価し、適切なアクションを介した安全で安心な生活のための分子テクノロジ?を学ぶことにより、環境とヒトとの接点を分子レベルで理解できることを目標とする。環境中の分子が生物におよぼす作用を把握し、汚染分子が生物におよぼす影響(リスク)の評価方法を学ぶ。環境中で化学物質はどのような作用で変遷して行くのかを知り、環境中での化学物質の挙動に関する理解を深め、さらに分解や吸着による汚染物質の処理技術を学ぶ。水や空気などに混在している汚染物質や有用物質を選択的に分離する技術を取り上げ、持続的な開発を維持していくための分子科学的基盤技術の一端に触れる。最後に、環境中の分子に由来した化学情報に関連させて、ヒトの感覚にかかる嗅覚を取り上げる。ニオイのセンサ技術やディスプレイ技術の現状をICTと関連づけ、感性工学的な視点からニオイの応用技術を把握する。

資料請求はこちら