東京工科大学大学院 HOME > バイオニクス専攻

バイオニクス専攻

バイオニクス専攻

社会・産業に役立つ独創的な人材養成を目指して

 バイオニクス専攻は、生物の優れた機能を明らかにし、その機能を工学的に応用する新しい先端技術の開発や、先端技術を駆使した高機能なモノ作りを通して、社会・産業に役立つ独創的な研究者や技術者を養成することを目的としています。その研究分野は、医療・医薬品、食品、化粧品、環境の各分野にわたり、それぞれの研究テーマの一例として以下のようなものがあります。①医療・医薬品分野:生物と化学の融合技術を駆使した病気診断法の開発、タンパク質医薬品の血中安定性化法の開発など、②食品分野:油脂食品の劣化機構の解明と防止技術の開発、生体関連物質の凍結保存・乾燥保存法の開発など、③化粧品分野:敏感肌・アトピー肌でも安心して使える化粧品の開発、紫外線によるシワや皮膚の乾燥や炎症を防ぐ化粧品の開発など、④環境分野:微生物を利用する環境関連物質の分解・除去、医薬品や化粧品などの水環境への影響に関する研究など。これら多様な研究活動において、製品作りに直結する技術開発を中心としたアプローチにより、企業が求める人材の育成を進めています。

バイオニクス専攻紹介ビデオ(英語版)

バイオニクス専攻をビデオでご紹介いたします。

Atsushi Sato, Ph.D. Professor Chair, Bionics Program, Graduate School

Izzul Islam

バイオニクス専攻の3つの方針

バイオニクス専攻の教育目標及び3つの方針(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)はこちらをご覧ください。(PDFファイル形式)

バイオニクス専攻の特色

生物に学ぶ技術に幅広くアプローチ

生物や生命の持つ優れた能力に学び、これらの能力を活用する技術に幅広くアプローチし、生物工学およびナノテクノロジーに秀でた研究者・技術者を養成します。

生活の質の向上に貢献する研究者・技術者の育成

生物工学を活用することにより、医薬品や食品、化粧品など生活の質に直結する分野や、より良い生活環境を目指した環境の分野において先端的研究開発能力を身に着けた技術者、研究者を育てます。

最先端のバイオ・ナノ技術を修得

バイオ・ナノテクセンターには最先端のバイオ・ナノテク研究装置がそろっています。これらの装置を用いて、遺伝子工学、細胞工学、食品科学、化粧品学、環境分析、バイオナノテクノロジー等の知識と技術を身につけた人材を育てます。

コミュニケーション手段としての英語力の向上

当専攻には海外の大学から直接留学してきた留学生もいることから、英語による講義を増やしていきます。このことは、日本人学生にとって、コミュニケーション手段としての英語の重要性を感じる良い機会になるのではないかと期待しています。

専攻長メッセージ

 世界人口が増え続ける中、我々は、地球環境の悪化、食料品やエネルギーの供給不足など様々な問題に直面しています。また、日本では少子高齢化が進み、生活の質を向上させる医療、医薬への期待は、今後ますます大きくなっていくことでしょう。これら困難な課題を克服し、発展的に持続可能な社会を築くためには、専門の異なった技術者や研究者が集り、広い視野に立って新しい価値観を創造していくことが重要であります。また、人口減少に伴い、国内市場は確実に縮小しています。経済的発展を考えた場合には、学生諸君の海外での活躍は必須となっています。当然、コミュニケーション手段としての英語の重要性は言うまでもありません。当専攻ではこのような状況を鑑み、英語による講義の実施、異なる専門分野の学外講師によるバイオニクス特別講義の開講など、様々な形で学生諸君の知的好奇心を刺激していこうと考えています。様々な専門分野の人たちとの出会いは、新たな知の創造をもたらしてくれることでしょう。皆さんの意欲的で若い力が、新しい価値観を創り出してくれることを期待しています。

バイオニクス専攻 授業科目

バイオニクス専攻のカリキュラムは、未来型バイオテクノロジーおよびナノテクノロジーに関連するバイオニクス分野の研究課題を中心にした教育研究指導を行うという考えに基づき編成しています。

研究・プロジェクト科目

バイオニクス研究(企画・I・II・III) 

これらの科目はバイオニクス専攻の教育・研究活動の枠組みを与えるものであり、2年間の在学期間を通じて、指導教員のもとテーマ設定、企画、研究を行います。明確な目標のもとに先見的な研究推進計画を立案し、それに基づいて研究を遂行します。各学期末には、研究発表会を実施し、研究の進行状況やその成果を発表します。また、2年次後期には、博士前期課程の集大成として研究を修士論文としてまとめ発表します。

研究室一覧

専門科目

※上記は、平成28年度の科目です。

バイオニクス専攻への入学を希望する方は、出願前に指導を希望する教員とコンタクトをとり研究内容等について相談すること。

バイオニクス専攻教員紹介