東京工科大学大学院 HOME > コンピュータサイエンス専攻

コンピュータサイエンス専攻

コンピュータサイエンス専攻

情報システムの研究・開発に必要とされる人材を育成

 コンピュータと通信に関する技術(ICT:Information and Communications Technology)は、暮らし、ビジネス、産業、教育、娯楽などのあらゆる分野に適用されています。今後は、環境にやさしく、安全、安心かつ快適で、持続可能な社会の構築に貢献するものと期待されています。コンピュータサイエンス専攻では、このような期待に応えるために、産業界出身の教員と学界出身の教員が協力して理論から応用まで広く実学教育を行うとともに、最先端の研究を行っています。多彩な教員陣からICTについて実践的に、学術的に学び、各専門分野に造詣の深い指導教員のもとで先端的研究に取り組むことができます。高度な最先端のICTに関する知識を有し、自主性をもって活動できる技術者、研究開発者を育成します。

コンピュータサイエンス専攻紹介ビデオ(英語版)

コンピュータサイエンス専攻をビデオでご紹介いたします。

Hiromi Ueda, Ph.D. Professor Chair, Computer Sciences Program, Graduate School

Adibah Binti Mazwar

コンピュータサイエンス専攻の3つの方針

コンピュータサイエンス専攻の教育目標及び3つの方針(アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー)はこちらをご覧ください。(PDFファイル形式)

コンピュータサイエンス専攻の特色

最先端の実学教育と研究

社会のニーズをいち早く取り込み、教育・研究に反映させることを継続的に進めています。IoT (Internet of Things)、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、SDI (Software Defined Infrastructure)、オープンソースソフトウェアに基づくサーバ設計をはじめ、人工知能、感性・知識情報処理、フォトニックネットワーク、フューチャーネットワーク、セキュリティ、ロボティクスなどの最先端の実学教育と研究を実践しています。

先端的研究開発能力の育成

コンピュータサイエンスリサーチセンターやクラウドサービスセンターなどの研究設備を活用して、IoT、ユビキタスコミュニケーション、クラウドコンピューティングなどの研究を実地に根ざして行うことができます。これらの研究に携わることにより、先端的研究開発のための能力を育成することができます。

多彩で有能な教育陣

企業の第一線で活躍した豊富な実務経験を持つ教員と一貫して学術の追究を行っている教員が協力して教育と研究指導にあたっています。このような多彩で有能な専任教員から、深遠な理論から現実的な問題解決法まで幅広く学べ、研究指導を受けることができます。

専攻長メッセージ

私たちの社会基盤はコンピュータとネットワークが有機的に結びついた高度な情報システムといって過言ではありません。今後、この情報システムは、より高速に、より安心・安全に、より快適に、より経済的にする必要があるとともに、災害に対してより強靭なものにしていく必要があります。コンピュータサイエンス専攻では、これらの要求に応えるために、上のコンピュータサイエンス専攻の特色に述べたような教育と研究を実践しています。このような教育と研究を通じて、自分で問題を発見し、解決する能力を有する自主性のあるICT技術者の育成を図ります。先端的なICTを意欲的に学び、研究し、社会のために貢献したいと考えている人材を求めます。

コンピュータサイエンス専攻 授業科目

コンピュータサイエンス専攻のカリキュラムは、情報技術の先端的研究分野の教育研究指導を行うことを基本方針に編成しています。

研究・プロジェクト科目

コンピュータサイエンス研究(企画・I・II・III) 

これらの科目はコンピュータサイエンス専攻の教育・研究活動の枠組みを与えるものであり、2年間の在学期間を通じて、指導教員のもとテーマ設定、企画、研究を行います。明確な目標のもとに先見的な研究推進計画を立案し、それに基づいて研究を遂行します。各学期末には、研究発表会を実施し、研究の進行状況やその成果を発表します。2年次後期には、博士前期課程の集大成として研究を修士論文としてまとめ発表します。

研究室一覧