メディアサイエンス専攻

メディアサイエンス専攻

先端音声処理特論

担当教員名 / 単位数 大淵 康成 / 選択1単位
授業科目名 先端音声処理特論
講義の概要 近年のメディア処理では、大量のデータからコンピュータが自動的に法則性を抽出する、いわゆる機械学習の枠組みが大きな役割を果たしている。本講義では、様々な機械学習の方式が、音声や音響のデータに対してどのように使われているのかを学ぶ。また、機械学習を行うための準備として必要となる、データ収集、ラベリング、特徴抽出、評価実験などについても学ぶ。

資料請求はこちら