メディアサイエンス専攻

メディアサイエンス専攻

自然言語処理特論

担当教員名 / 単位数 寺岡 丈博 / 選択1単位
授業科目名 自然言語処理特論
講義の概要 自然言語とは日本語や英語など我々人間が日常で読み書きや話す際に使用している言語のことであり、コンピュータ上でそれを扱う技術を自然言語処理という。GoogleやYahoo!などの検索エンジンによる情報検索をはじめ、日本語から英語に変換する機械翻訳、そしてソーシャルメディアが充実した今日ではそれらを用いたビッグデータ処理など、自然言語処理は多方面で応用されており,様々な形で実社会と密接に結びついている。
 本授業では、初学者でも自然言語処理を基礎的な面から理解できるように、前半は自然言語処理の基本技術について扱う。後半はテキスト処理を中心とした応用技術について扱い、終盤では言語理解システムに関する研究事例を紹介する。また,回によっては論文調査や演習を行う場合がある。

資料請求はこちら