東京工科大学大学院 HOME > アントレプレナー専攻 > ビジネス会計:東京工科大学大学院

アントレプレナー専攻

アントレプレナー専攻

ビジネス会計

担当教員名 / 単位数 帖佐 誠 / 選択2単位(開講期・前期)
授業科目名 ビジネス会計
講義の概要 簿記と会計は、ビジネスの共通言語である。簿記と会計という共通言語を身につけることで、経営者、公認会計士、アナリスト、税務当局などとのスムーズな会話が可能になる。 そこで、会計の原理・原則を学び、貸借対照表・損益計算書の構造を理解する。さらに日商簿記検定3級程度の簿記の技術を身につけることを第1の目的とする。
法人税などの税金は、企業の行動の多くの面に影響を与えおり企業経営にとっては理解が不可欠である。
そこで、法人税・消費税など企業経営に関連する税について基本的な理解をすることを第2の目的とする。
企業が作成している財務諸表が何を意味しているかを理解するためには、いくつかの重要な会計の分野についての理解が必要である。
そこで、連結会計などを学び、財務諸表の利用者として財務諸表を理解し分析を行えるようになることを第3の目的とする。

資料請求はこちら