医療技術学研究科臨床検査学専攻

東京工科大学大学院 > 大学院概要 > 医療技術学研究科臨床検査学専攻

医療技術学研究科臨床検査学専攻

 近年、患者の体質や疾病の特徴を解明することで個々の患者に最適な治療法を選択することができるようになるなど、医療技術は常に発展しています。臨床検査分野においてこれらの最新技術を取り扱うためには、検査の品質・精度管理や臨床現場における適正な判断など、検査体制を管理できるリーダーシップのある人材が求められています。本専攻では、臨床検査分野の高度な知識・技術を修得するととともに、医学的知識、科学的・研究的な思考と高い医療倫理観を養い、最新医療技術に対応できるリーダー的人材の養成をすることで、医療への貢献をめざします。

特色

臨床検査分野を包括したカリキュラム

検体検査及び生理機能検査を包括した内容とするだけでなく、ゲノム医療の実用化に向けた遺伝子関連検査の精度確保等に対応するため、感染症及びがんに関連する内容を取り入れたカリキュラムとしています。社会のニーズを理解し、専門的な知識や技術を臨床現場で実践することをめざします。

実践能力と幅広い知識の修得

臨床検査分野だけでなく、最先端の医学・医療技術分野の知識や技術、コミュニケーション能力、医療制度や社会保険制度などに関する学修を通して、実践能力と幅広い領域の知識を修得します。社会のニーズに対応できる能力や、多様な人々と円滑にコミュニケーションを図るための能力を養います。

多様な資格と実務経験のある教員

臨床現場では、医師をはじめとする医療スタッフと連携することが重要になります。また、生理機能検査をはじめ臨床検査分野は臨床工学と密接に関連しています。本専攻の担当教員は、臨床検査技師だけでなく医師や臨床工学技士の資格と実務経験を持つ教員で構成し、教育・研究の幅を広げるとともに、職種間の情報交換などが容易にできる環境としています。

主な科目

研究・プロジェクト科目

医療技術学研究企画、医療技術学研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

教員の指導のもと、2 年間を通して研究テーマの選定、計画立案、研究を行います。1 年次後期の中間発表会や学会等での研究発表等を通して、修士課程の修了に相応しい研究として完成させ、研究成果を修士論文としてまとめます。

専門領域科目

病態機能検査学領域:生理機能検査学、血液病態学
病因解析検査学領域:生体情報解析学、分析化学検査学、感染制御学

「病態機能検査学領域」または「病因解析検査学領域」から、研究分野に関連する特論科目と演習科目を履修します。専門性を深め、新しい知識・技術を活用・創造する応用力、課題を探究する能力、柔軟で論理的な思考力とコミュニケーション能力を修得します。

3つのポリシー

アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシーの情報はこちら

教員プロフィール

柴崎 芳一

柴崎 芳一

専門分野
内科学、糖尿病学、細胞生物学
役職/職名
教授
医療技術学研究科長 臨床検査学専攻長
梅田 勝

梅田 勝

専門分野
衛生行政、母子保健
役職/職名
教授
副学長
岡崎 充宏

岡崎 充宏

専門分野
臨床微生物学、感染制御学
役職/職名
教授
臨床検査学科長
栗原 由利子

栗原 由利子

専門分野
臨床化学、一般検査学
役職/職名
教授
櫻井 進

櫻井 進

専門分野
生理機能検査学、心臓超音波検査学、公衆衛生学
役職/職名
教授
佐々木 聰

佐々木 聰

専門分野
分析化学、非線形科学、生命探査(アストロバイオロジー)
役職/職名
教授
篠原 一彦

篠原 一彦

専門分野
消化器外科、医用工学、人間工学、航空医学
役職/職名
教授
医療保健学部長
清水 潤

清水 潤

専門分野
神経内科学、内科学、抹消神経筋病理学、神経免疫学
役職/職名
教授
田仲 浩平

田仲 浩平

専門分野
医療機器安全管理学、臨床工学、医療・教育XR
役職/職名
教授
臨床工学科長
十島 純子

十島 純子

専門分野
細胞生物、細胞生理学、エンドサイトーシス、細胞内輸送
役職/職名
教授
苗村 潔

苗村 潔

専門分野
医用機械工学、コンピュータ外科学、看護理工学
役職/職名
教授
中川 和美

中川 和美

専門分野
臨床精神医学、精神生理学、産業精神保健
役職/職名
教授
横田 恭子

横田 恭子

専門分野
感染免疫学、ウィルス学
役職/職名
教授
日向 奈惠

日向 奈惠

専門分野
病理学、大腸癌の研究
役職/職名
教授
廣田 雅子

廣田 雅子

専門分野
血液検査学、免疫検査学
役職/職名
准教授