片柳研究所とは

ご挨拶

最先端科学技術へのチャレンジと実社会・実学教育への還元

片柳研究所 所長  梶原 一人 東京工科大学片柳研究所は産学官連携の場として21世紀の新たな社会創造に貢献する多彩な研究活動を支援・推進しております。すでに研究所では、バイオナノテクセンター、コンピュータサイエンスリサーチセンター、コンテンツテクノロジーセンターを設置し、文部科学省や経済産業省などから公的な資金を得て多様なプロジェクトを推進しております。本年度からは、これらの研究開発に加えて「セラミックス複合材料センター(The Center for Ceramic Matrix Composites)」を研究所内に設立し、国際的にも初のセラミックス複合材料の産学連携の国際的拠点としての活動を開始いたしました。このセンターでは、本学の工学部、コンピュータサイエンス学部、メディア学部、デザイン学部の多様な研究から生み出される東京工科大学内の知見や技術を融合させてセラミックス複合材料の開発に役立てるプロジェクトも行う予定です。

片柳研究所では研究所設立時からの社会が直面する問題解決に向けて、科学技術分野での産学連携を行い、科学技術で社会に貢献すると共に、東京工科大学の理念である「先端的研究を介した教育とその成果の社会還元」を実行することにも貢献することを目指しています。国際的に最先端の科学技術の現場を学生教育に還元し、社会で真に必要とされている課題に対してこれに柔軟に適応できる実践力のある人間の育成を可能にする場としての活動を行っていきたいと考えております。

今後とも、みなさまからのご支援ご協力をどうぞよろしく御願い申し上げます。