お知らせ一覧

第2回次世代医療システム産業化フォーラムにて、講演しました。

関連イメージ 平成17年5月26日、大阪商工会議所が主催する「第二回次世代医療システム産業化フォーラム」において、本学副学長・軽部征夫、バイオニクス学部教授・篠原一彦、バイオニクス学部教授・後藤正男の3名が参加企業に向け、共同開発提案を行いました。

講演テーマ
第一部:最新情報提供セッション
 「バイオセンサーとバイオチップの開発」
  東京工科大学 副学長 軽部 征夫
第二部:共同開発提案セッション
 「臨床現場の医療安全管理マネージメントシステム の総合的研究開発」
  東京工科大学 バイオニクス学部 教授 篠原一彦
 「カーボンナノチューブを用いたバイオセンサー」
  東京工科大学 バイオニクス学部 教授 後藤正男

2005/06/07

 
関連写真
軽部副学長講演
軽部副学長講演
軽部副学長
軽部副学長
篠原教授講演
篠原教授講演
篠原教授
篠原教授
後藤教授講演
後藤教授講演
大阪商工会議所 次世代医療システム産業化フォーラム2005