東京工科大学 HOME> イベント情報> 2014年のイベント情報> 片柳コンピュータ科学賞受賞記念講演会のお知らせ

イベント情報

Event Information

片柳コンピュータ科学賞受賞記念講演会のお知らせ

2014年2月19日掲出

 コンピュータグラフィックス分野の第一線で、世界的にご活躍中のPat Hanrahan教授(スタンフォード大学)による「片柳コンピュータ科学賞」受賞記念講演会を、本学八王子キャンパスにて開催します。

 「片柳コンピュータ科学賞」とは、コンピュータサイエンス分野で世界的に卓越した業績をあげた学者・研究者に対して、東京工科大学とカーネギーメロン大学が共同で授与する権威ある賞です。
 今年度はPat Hanrahan教授がみごと受賞されましたので、これを記念してPat Hanrahan教授による受賞記念講演会を開催します。

 世界的に著名な研究者の口から直接、最先端のお話を聞くことができますので、ご興味ご関心のある方は奮ってご参加ください。なお、講演は英語で行われる予定です。

PAT HANRAHAN氏

実施日時:2014年3月3日(月)15時~
会場:八王子キャンパス 片柳研究所棟KE402 交通案内はこちら
※参加費は無料です。直接教室までお越しください。
応募締切日:2014年3月3日(月)12時 - 申込みは終了しました -
定員:200名
講演者:PAT HANRAHAN氏(Stanford University)
講演内容:
Title:People, Data and Analysis
Abstract:Big data is a hot topic in computing. Most research has focused on automatic methods of data processing such as machine learning and natural language processing. Another important direction of research is how to build systems that can store and process massive data sets. An example here is map-reduce. Unfortunately, what has been lost in the discussion is how people should use data to perform analysis and make decisions. It is unlikely that people will be replaced completely by automated decision making systems in the near future. Hence, an important question to ask is what should people do and what should computers do? In this talk, I will discuss promising approaches for building interactive tools that allow people to perform data analysis more easily and effectively.

■2013年片柳コンピュータ科学賞の情報はこちら
http://www.cs.cmu.edu/~katayanagi/