応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部(4コース)

生物・生命の機能を未来社会に役立てる
新しい技術とその応用を追究します。

応用生物学部では、生命科学の進歩とともに急速な発展を遂げてきたバイオテクノロジーに関する基礎知識や最先端の専門的技術を体系的に学ぶことができます。また、身につけた専門知識や技術を、人や社会、環境、産業のために幅広く役立てられる人材の育成をめざしています。

注目! 入学後に自分に合った学びを選べる4コース制

3つの特長

応用生物学部の「資格支援プログラム」において学生らが資格を取得

平成29年度からスタートした応用生物学部の戦略的教育プログラム「能力開発推進教育プログラム」において、応用生物学部の学生が下記資格を取得しました。


■応用生物学部の「資格支援プログラム」において学生らが資格を取得
http://www.teu.ac.jp/information/2018.html?id=85

食品衛生管理者及び食品衛生監視員の養成施設として登録される(応用生物学部)

応用生物学部はこのたび食品衛生管理者及び食品衛生監視員の養成施設としての登録申請を行い登録されました。


■食品衛生管理者及び食品衛生監視員の養成施設として登録される(応用生物学部)
http://www.teu.ac.jp/information/2018.html?id=92

応用生物学部 阿部周司 助教の取材記事を掲載しました。

ヒトゲノムDNA中のグアニン四重鎖クラスター同定方法

応用生物学部 阿部周司 助教の取材記事を掲載しました。


■食品加工の研究は、タンパク質の変性をコントロールして狙い通りの食感とおいしさを実現できるから面白い!
http://www.teu.ac.jp/gakubu/2018.html?id=56

ヒトゲノム中の「四重鎖構造」複数形成領域を約1万箇所同定 これらを標的とした抗がん剤開発へ

ヒトゲノムDNA中のグアニン四重鎖クラスター同定方法

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の吉田亘講師、軽部征夫教授らの研究グループは、ヒトゲノム配列中からグアニン四重鎖構造(注1)を複数形成する領域(以下、グアニン四重鎖クラスター)を9,651箇所同定し、このうち3,766箇所が遺伝子の発現を制御している領域であることを解明しました。


■ヒトゲノム中の「四重鎖構造」複数形成領域を約1万箇所同定 これらを標的とした抗がん剤開発へ
http://www.teu.ac.jp/press/2018.html?id=44

2018年応用生物学部長メッセージの記事を掲載しました。

「研究力、応用生物学部」梶原 一人

2018年応用生物学部長メッセージの記事を掲載しました。


■「研究力、応用生物学部」梶原 一人
http://www.teu.ac.jp/information/2018.html?id=2


先端食品コース特集ページ
新たなおいしさを
学問する!

詳細とその関連研究などをご紹介します。
戦略的教育プログラム
能力開発推進教育プログラム
資格取得支援

コース紹介

応用生物学部は、幅広い興味や志望に応える4つのコースを用意していますが、入学後すぐに所属コースを決める必要はありません。さまざまな基礎科目や専門基礎科目を学び、コースの内容や自分の適性を理解したうえで、3年次より「生命科学・環境コース」「医薬品コース」「先端食品コース」「先端化粧品コース」から最適なコースを選択できます。さらに、コース決定後も必要に応じて他コースの科目を履修して、より広い視野や専門的な知識を身につけることが可能です。

カリキュラム

カリキュラムの動画紹介

1年次は、教養教育科目で幅広い教養や社会人基礎力を養うとともに、少人数クラスを基本とする実験科目や演習科目を通して、生物や化学に関する基礎的な知識やスキルを修得します。2年次は専門基礎を磨いたうえで、学生の興味や適性、進みたい分野などに応じて2年次修了までに、5つのコースの中から自分が所属するコースを決定します。その後、コース別に用意された専門教育科目を履修し、3年次の夏休み前までに研究室を決定。卒業・進学に向けてそれぞれの研究を進めます。

学生コメント集

応用生物学部で学ぶ学生に、学部の魅力と研究紹介について聞いてみました。

学部の魅力(1・2年生)

学部の魅力(3・4年生)

研究紹介

求める学生像

生物化学と生物工学に関する実践的な専門知識や技術の修得に強い興味を抱き、何事にも積極的な姿勢を持って、これからの社会に貢献していきたいという明確な意志のある人材を求めています。

施設紹介

バイオナノテクセンター

高度な研究をサポートする「バイオナノテクセンター」には、ナノレベルの観察・加工装置をはじめとする、世界最高水準の新鋭機器が多く設置され、多彩な分野での研究活動を支えています。

資格取得支援

応用生物学部では、就職活動や卒業後の仕事の場で、本人の力を証明する頼もしい“武器”となる各種資格の取得支援を行っています。資格対策に詳しい外部講師による講座を開催し、その受講費の一部または全額を大学が負担します。

また、2018年度から1年次に入学した学生が先端食品コースで必要な科目を履修し、卒業後は食品衛生管理者及び食品衛生監視員の資格を取得できるようになります。

就職状況

業種別就職先

就職率 98.05
求人倍率 11.1 2017年3月卒業生の実績

就職内定企業名

  • 秋田銀行
  • アサヌマコーポレーション
  • 味の素冷凍食品
  • アスクレップ
  • アステラス製薬
  • アルソア本社
  • イオンベーカリー
  • 伊勢半
  • 井田産業
  • 伊藤園
  • 伊藤忠飼料
  • 伊藤ハム
  • イプサ
  • ウテナ
  • 小川香料
  • 小野薬品工業
  • オハヨー乳業
  • オリンパス
  • 神奈川県警察本部
  • カネボウ化粧品販売
  • 北里研究所
  • キッコーマンソイフーズ
  • キッセイ薬品工業
  • 紀文食品
  • キヤノン
  • キャメル珈琲
  • 杏林製薬
  • 協和発酵キリン
  • 警視庁
  • ケンコーマヨネーズ
  • 江東微生物研究所
  • 神戸屋
  • コーセー
  • 合同酒精
  • サティス製薬
  • サラダクラブ
  • サンデリカ
  • ジェイオーコスメティックス
  • 参天製薬
  • CSLベーリング
  • シーボン
  • 資生堂
  • シミック
  • 昭和メディカルサイエンス
  • 新日本製薬
  • スズケン
  • 積水ハウス
  • セキ 薬品
  • セコム
  • ゼリア新薬工業
  • 綜合警備保障
  • ダイキン工業
  • 大正富山医薬品
  • 大和証券グループ本社
  • タカキベーカリー
  • 多摩信用金庫
  • タリーズコーヒージャパン
  • 千葉 県警察本部
  • ちば醤油
  • ちふれ化粧品
  • DHC
  • 東急リバブル
  • 東京コカ・コーラボトリング
  • 東京デリカフーズ
  • 東京めいらく
  • 凸版印刷
  • ナムコ
  • ナリス化 粧品
  • 日清医療食品
  • ニプロファーマ
  • 日本アイ・ビー・エム・サービス
  • 日本ケミファ
  • 日本ケンタッキー・フライドチキン
  • 日本食研
  • 日本水産
  • 日本光電工業
  • 日本ベーリンガー インゲルハイム
  • 日本郵便
  • 日本理化学薬品
  • ノエビア
  • MSD
  • 東日本旅客鉄道
  • 久光製薬
  • 日立ハイシステム21
  • 日比谷花壇
  • ファンケル
  • ファンケル美健
  • プライムデリカ
  • プリマハム
  • ホクト
  • HOYA
  • 名鉄観光サービス
  • メリーチョコレートカムパニー
  • メルク
  • 森永エンゼルデザート
  • 森永乳業
  • ヤクルト本社
  • ヤフー
  • 山梨中央銀行
  • ユーグレナ
  • 雪印メグミルク
  • 横浜乳業
  • 理研ビタミン
  • わらべや日洋 ほか