医薬品コース

応用生物学部 | School of Bioscience and Biotechnology 八王子

医薬品コースについて

医薬品コース

最先端のバイオテクノロジーを応用して、医療システムの開発や医薬品の創製に取り組むコースです。遺伝子組換えや細胞工学技術などに加え、生物と化学の融合による新しい創薬技術を学ぶことができます。核酸医薬、タンパク質医薬、遺伝子診断、再生医療、ドラッグデリバリーシステム(DDS)の創製などに関連する研究を通して、医療・医薬分野で活躍する人材の育成をめざします。

コース紹介ビデオ

コース紹介

「医薬品コース」では、最先端のバイオテクノロジーを応用して、人々の健康を支える医療システムの開発、医薬品の創製に取り組むコースです。 遺伝子組み換えや細胞工学技術などの「生物的アプローチ」に加え、 生物と科学の融合による新しい創薬技術を体系的に学ぶことで医療・医薬分野で活躍できる人材を育成します。

研究室紹介ダイジェストNEW

医薬品コースの代表的な研究室の紹介をダイジェストでご紹介いたします。

代表的な研究室

機能性RNA工学研究室

杉山 友康
教授・博士(工学)

遺伝子医薬の探索,およびプラナリア再生能の解明。

キーワード:

生命科学,遺伝子,環境

生物創薬研究室

佐藤 淳
教授・博士(農学)

遺伝子工学や細胞工学を駆使した新規タンパク質医薬品の創製を目指しています。

キーワード:

生命科学,遺伝子

抗加齢医化学研究室

山本 順寛
教授・工学博士

CoQ10結合タンパク質の生理的意義や他大学医学部と共同して酸化ストレスの評価と予防について研究

キーワード:

生命科学,食品・化粧品,生体計測

生体機能化学研究室

加藤 輝
准教授・博士(工学)

DNAやRNAを病気の診断薬や治療薬を開発するための道具として利用する研究

キーワード:

生命科学 , 遺伝子 , 生体計測

≫その他の研究紹介はこちら

専門教育科目・専門実験

主な専門教育科目
創薬学Ⅰ・Ⅱ

医薬品は低分子、タンパク質、核酸などの様々な物質に分類できます。これらの医薬品の研究開発を分子生物学、遺伝子工学、有機化学的な視点から学び、安全で効果の高い新薬開発のための基礎知識を身に付けます。

再生細胞医薬概論

失った細胞や組織を再構成して、生体の機能を取り戻す技術が実現しつつあります。この講義ではその方法と仕組みを解説し、実用化のための課題や恩恵について理解します。

医薬品開発概論

医薬品が実用化される過程の理解を目的として、製薬企業や医薬品開発業務委託機関(CRO)での実務経験者が講師となり、前臨床試験、臨床試験、医薬品製造とその品質管理に関わる医薬品開発の必須事項を学びます。

工科女子による「4年間の学び」紹介

「医薬品コース」について、コースの概要や、4年間どのようなことを学ぶのかを実際に学科で学んだ学生がご紹介します。

専門実験
医薬品実験
医薬品開発で求められるバイオテクノロジーを用いた工学的な実験手法を修得します。具体的には、タンパク質医薬品や核酸医薬品の開発に繋がる分子生物学、細胞工学、遺伝子工学などの基礎的な実験手法を学びます。

卒業後の進路

医薬品製造・販売関連/CRO(治験業務委託業)/病院・医療機関/ 科学製品関連/肥料・飼料関連/研究機関 ほか