応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

応用生体科学(矢野和義)研究室

研究内容

応用生体科学(矢野和義)研究室
クリックで拡大
特別な機能を持つDNAやタンパク質を創出し、これらを病気の診断などに役立てることを目的として研究を行っています。まず、抗体のような分子認識能を持ち標的分子に特異的に結合するDNAを探し、病気の診断や食品検査に応用することを目指しています。また、遺伝子組み換え技術により、特殊な機能を持ったタンパク質を合成し、構造と機能との相関を解析する研究も行っています。さらに、病気を見つけ出す抗体を多数貼り付けたガラス基板(抗体アレイ)を作製し、生体成分を高感度に検出することにもチャレンジしています。
研究テーマ

1.疾病指標成分を認識するDNAの探索
2.抗酸化物質と結合するDNAの探索
3.分子認識能を持つ核酸のセンサーへの応用
4.抗体アレイによる生体分子高感度検出法の開発

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
生命科学 , 遺伝子
担当教員
教授
矢野 和義/ヤノ カズヨシ/YANO, Kazuyoshi
専門分野:生物工学、分子生物学