応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

応用生体科学(矢野和義)研究室

研究内容

応用生体科学(矢野和義)研究室
クリックで拡大
病気の早期診断・早期治療に貢献できるようなバイオテクノロジーの確立を目指しています。まず、抗体のような分子認識能を持ち標的分子に特異的に結合できる特殊なDNAを開発し、病気の診断や病原性微生物の検出に応用することを目指しています。ターゲットは、エイズの進行度を測るための指標となる免疫細胞表面のタンパク質や、院内感染を引き起こす黄色ブドウ球菌などです。(写真は、蛍光色素で目印をつけたDNAに使って標的腫瘍細胞を検出した様子です)
また、病気を見つけ出す抗体を多数貼り付けたガラス基板(抗体チップ)を作製し、病気の指標成分を検出することにもチャレンジしています。このときにナノテクノロジーを駆使して極めて薄い膜をあらかじめガラス基板に作製しておくことで、目的の成分を高感度に検出することが可能となります。
研究テーマ

1. 分子認識能を持ったDNAのエイズ診断への応用
2. DNAを用いた病原性微生物の迅速検出法の開発
3. ナノテクノロジーを駆使した病気の指標成分の高感度検出

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
生命科学 , 遺伝子 , バイオセンシング , 生物工学
担当教員
教授
矢野 和義/ヤノ カズヨシ/YANO, Kazuyoshi
専門分野:生物工学、分子生物学