東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 医療保健学部> 臨床工学科-臨床工学技士を目指す

臨床工学科

医療保健学部 | Department of Clinical Engineering 蒲田

臨床工学科について

臨床工学技士は、生命維持装置の操作や保守点検を通じて、医療現場の最前線で活躍する医療機器のスペシャリストです。最先端の医療機器に高度に依存する現代の医療では、医学と工学に精通した唯一の医療専門職として、その存在感はますます高まっています。臨床工学科は、本学園が培ってきた臨床工学技士養成教育の実績を継承しつつ、総合大学としてのメリットを生かした他学部と連携した教育・研究で、先進医療を担う臨床工学技士を育成しています。最新鋭の医療機器が整う実習室、多彩な医療機関で体験できる臨床実習など、恵まれた実習環境の中で実践能力を高めていけることも魅力のひとつです。

学科紹介ビデオ

学科紹介

実習紹介NEW

臨床工学技士の魅力NEW

専門教育科目・専門科目

専門基礎科目

専門基礎科目は、医学系科目と工学系科目から構成されています。基礎医学の領域では「解剖学」「生理学」「薬理学」「病理学」などを学修。これらの科目は、医師とコミュニケーションをとるために重要な科目であり、講義と実習によって理解を深めます。一方、工学の領域では「数学」「電気工学」「機械工学」などを学びます。これらの科目は、臨床工学技士が扱う医療機器について理解を深めるための基礎となります。

主な専門基礎科目
人体解剖学Ⅰ

臨床工学技士としての学問体系の基礎となる人体の基本的構造を、細胞から器官にいたる各単位について学びます。

電磁気学

電気工学・電子工学を学修するうえで基礎となる電気と磁気の現象について学び、医療施設における工学技術者としての基礎を身につけます。

機械工学Ⅰ

医療機器の作動原理の理解と基本的な操作・保守点検のために必要な材料工学・流体力学・熱力学などの基礎とともに、機械要素とメカニズムの基礎を学修します。

専門科目

専門科目は、機器学・装置学、臨床医学、総合のそれぞれの領域に大別されます。機器学・装置学の科目は臨床工学技士が操作する機器や装置について理解するためのもので、講義と実習がバランス良く配置され、機器や装置の操作、保守点検の方法を学ぶことができます。臨床医学の科目は、外科系・内科系それぞれの専任教員が、臨床工学技士に必要な内科・外科の基礎知識について講義を行います。そして総合の科目では、最新の医療について学ぶ「臨床工学セミナー」と、研究室に所属して問題発見と解決策を追究する「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」で構成されています。

主な専門基礎科目
外科系臨床医学Ⅰ

臨床工学技士として必要な外科学の基礎として消毒滅菌、侵襲とショック・創傷治癒・栄養と周術期管理などについて学び、消化器一般外科・心臓血管外科・呼吸器外科・脳神経外科の概要を理解します。

医療安全・人間工学概論

医療従事者としての安全について理解します。ヒューマンエラーの心理学的基礎・事故事例、安全対策・事例分析の手法、チーム形成・危険予知活動など安全人間工学の各領域とともに、人間工学の概要を学びます。

生体機能代行装置実習Ⅰ・Ⅱ

臨床工学技士の業務の中で主に取り扱う体外循環装置、呼吸療法装置、血液浄化装置について、各装置の意義、目的、構成、機能、操作法、保守管理を理解し、臨床工学技士として必要となる技術を基礎から応用まで実践的に習得します。

医用機器実習

臨床工学技士として、医療行為を支える治療機器や生体計測装置を安全に使用できるように、医療機器の動作原理や構造を理解する必要があります。本実習では各医療機器の原理、構造、操作方法、保守管理方法を実践的に学修し理解を深めます。

呼吸療法の実習

人工透析の実習

体外循環の実習

教員・研究紹介

伊藤 奈々

医療保健学部 臨床工学科
伊藤 奈々 助教

専門分野 : 臨床工学、医用工学

臨床工学技士の魅力について動画でご案内いたします。

臨床工学技士の魅力

2016年2月撮影

学生インタビュー

木村若菜

2016年2月撮影

村山樹

2016年2月撮影

山口優佳

2016年2月撮影

取得可能な資格

  • 臨床工学技士国家試験受験資格

卒業後の進路

国公立・大学病院や総合病院をはじめとする医療機関/医療機器メーカー/大学院進学 ほか


 

オープンキャンパス・入試説明会&見学会 2017年度入試情報 サステイナブル社会 工科大ナビ 工科女子 LINEアカウント