先端食品コース

応用生物学部 | Advanced Food Course 八王子

先端食品コースについて

先端食品コース

最新のバイオテクノロジーを用いて、人々の健康に役立つ新しい食品の開発や食品の品質管理に取り組むコースです。食品のおいしさや栄養、安全性を解析し、これからの高齢社会において、人々がより健康的な生活を送るのに役立つ画期的な機能性食品などの創出をめざします。

コース紹介ビデオ

コース紹介

工科女子による「4年間の学び」紹介NEW

代表的な研究室

免疫食品機能学研究室

今井 伸二郎
教授・博士(医学)

アレルギー等の免疫疾患や老化関連疾患の予防に有効な機能性食品についての研究を行っています。

キーワード:

免疫 , アレルギー , 炎症 , 花粉症 , アトピー性皮膚炎 , 老化 , 寿命 , 抗肥満 , メタボリックシンドローム

高機能性食品研究室

梶原 一人
教授・工学博士

食感のよい食品の開発や新しい冷凍保存方法の研究。

キーワード:

生命科学,材料・物性,食品

食品機能化学研究室

遠藤 泰志
教授・農学博士

油脂を含む食品の劣化の度合いを化学的に調べる方法や劣化を防止する技術を開発しています。

キーワード:

生命科学,食品

食品フレーバー科学研究室

高柳 勉
教授・農学博士

食品のおいしさに関して研究しています。味や香りのもととなる物質を探索し,その化学構造を解析します。

キーワード:

食品

アンチエイジングフード研究室

佐藤 拓己
教授・医学博士

食品の生理活性物質の機能を解明

キーワード:

アンチエイジング , マリンバイオロジー , テルペノイド

応用微生物学研究室

西野 智彦
准教授・博士(農学)

微生物が持つ機能の有効利用と生命現象の解明を目的とします。主に食品に関連したテーマを取り扱います。

キーワード:

生命科学,食品,環境微生物

動画で見る研究紹介事例

先端食品コースで進められている最先端の研究を動画で紹介します。研究者が自身が研究内容とその意義を自らの言葉で解説しています。

天然物の新規薬理作用の探索

佐藤拓己
教授・医学博士

アンチエイジングフード研究室

2014年10月撮影

冷凍すり身の再凍結の影響
~かまぼこの製造方法の研究~

阿部 周司
助教・博士(海洋科学)

高機能性食品研究室(梶原一人研究室)

2014年7月撮影

専門教育科目・専門実験

主な専門教育科目
食品科学

食品の主な成分である炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどの種類と構造を学ぶとともに、食品に求められる栄養機能、嗜好性、生体調節機能といった機能性や役割について考えます。

栄養科学

食品や食生活と健康の関係を考える講義です。まず、ダイエットとリバウンドを例に代謝について説明。さらに、炭水化物・タンパク質・脂質の消化・吸収、代謝および役割を生化学的観点から学んでいきます。

食品安全論

食中毒などの食品衛生学に関連する内容を中心に、食品の安全性について理解を深めます。微生物、ウイルス、植物性および動物性の自然毒のほか、人工の有害物質、農薬まで幅広く取り上げて考察を加えていきます。

専門実験
食品実験
食品の製造や品質管理などに関する実験を行います。食品実験Ⅰでは、食品中に含まれる栄養成分の分析や化学特性の測定、酵素実験などを行います。食品実験Ⅱでは、糖質科学実験、食品衛生学実験のほか、豆腐やチーズの製造を実際に体験して食品加工工程における食品成分の変化や反応の原理などを学びます。

2013年度 卒業 内定者インタビュー その他のコースの内定者インタビューはこちら

「食品メーカー」内定インタビュー

「食品メーカー」内定

応用生物学部4年 磯山由希子

2013年10月撮影

インタビューテキスト版→

「食品メーカー」内定

応用生物学部4年 先端食品コース 磯山由希子

内定した企業と、選んだ理由を教えてください。また、どのような就職活動をしましたか?

大手食品メーカーのグループ企業に内定をいただきました。信頼性の高い食品メーカーのグループ企業という点に強い魅力を感じ、この企業を選びました。

就職活動は、まず、自分の視野を広げようと業種・業界にとらわれず多くの企業の説明会に参加しました。その中で、内定をいただいた企業に自分が就職したいと強く思うようになっていき、最終面接まで、その都度、採用担当の責任者の方にお礼の手紙を書き、入社したいという自分の強い気持ちを伝え続けました。

東京工科大学に入学した理由と、応用生物学部の4年間で学んだことを教えてください。

専門的に食品の勉強、研究ができる先端食品コースに強い魅力を感じて入学しました。

印象に残っているのは、3年次に行った食品製造加工実験です。にがりの種類を変えて豆腐を製造したり、蒸し時間を変えてかまぼこの製造を行いました。

講義では、食品3大栄養素の基礎的な知識や構造などを学ぶ「食品科学」が面白かったです。食品の持つ様々な栄養素を知ることで日常生活でもバランスの良い食生活を心がけることができました。

東京工科大学の学生生活は、いかがでしたか?

学びも遊びも、とにかく毎日が充実していました。

実験やレポート作成で遅い時間まで友人と大学で勉強していたことも、今となってはとてもいい思い出です。

また、長期休暇を利用して趣味の海外旅行にもたくさんいくことができました。

共に有意義な時間を過ごしてくれた友人、指導していただいた先生方、就職活動を支援してくださったキャリアサポートセンターの職員の方々、そしてなにより東京工科大学に4年間通わせてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。

卒業後の進路

食品製造・販売関連/飲料製造・販売関連/発酵・醸造関連/食品製造機器関連/家庭用品関連/外食関連/食品流通関連/化学・医薬品関連/食品衛生関連/医療・福祉関連/研究機関ほか