応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 応用生物学部 研究室一覧> 生命機能応用(軽部征夫・中西昭仁)研究室

生命機能応用(軽部征夫・中西昭仁)研究室

研究内容

生命機能応用(軽部征夫・中西昭仁)研究室
クリックで拡大
生命機能応用研究室では生体分子(タンパク質や核酸)や細胞、微生物が持つ優れた機能を利用し、病気を診断する方法や有用物質(医薬品や化粧品、食品素材等)を効率的に生産する方法などの開発研究に取り組んでいる。例えば、有用なタンパク質や微生物を自然界から同定し、それを用いた疾病診断用バイオセンサーや環境測定用バイオセンサーの開発研究を行っている。また、微生物である緑藻を中心に据えた有用物質生産系の開発研究にも取り組んでいる。緑藻は温室効果ガスの一種である二酸化炭素を炭素源として、また環境に大量に放出されると汚染源となり得るアンモニア態窒素や硝酸態窒素を窒素源として利用できるため、環境に調和し生育できる生物である。更に一部の緑藻は一般的な植物の増殖能や資化産物の生産能に対して極めて優れた能力を誇ることや、緑藻に対する代謝改変技術が向上してきていることなどから、医薬品や化粧品、食品分野などの有用物質を高生産する緑藻を用いた系の構築が強く求められている。そこで本研究では、自然界から有用物質を高生産できる緑藻種や微生物コンソーシアムを単離し微生物の代謝反応を利用すること、緑藻の培養を最適化しまた遺伝子工学的な代謝改変株を創生することによって、有用物質の高生産系の構築を行う。更に微生物の有効利用に加え、より物質生産を社会の身近な形で行うため、薬理作用のある植物の高速培養を実現させサプリメントとしての有効利用も目指す。
研究テーマ

1.有機物分解微生物の探索→効果的に環境有機物を分解する微生物を見つけたい!
2.微生物を用いた電気化学測定法の構築→微生物で新しい測定法をつくりたい!
3.物質生産に有用な微生物や微生物コンソーシアムのスクリーニング→いいモノをたくさんつくる微生物たちを見つけたい!(八王子にもいるかも?!)
4.微生物の代謝経路を利活用した高付加価値な有用物質の高生産系の構築→医薬品や化粧品、食品などの有用なモノを微生物でたくさん作りたい!
5.有用物質の高生産を目指した微生物の共培養-発酵系の構築→微生物たちが協力してモノづくりできる環境を作ってあげたい!
6.薬理作用を持つ植物を効率よく培養できる系の開発 →サプリメントの素材として使える植物をうまく育ててあげたい!

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
DNA・蛋白質測定 , ゲノム情報の応用 , バイオテクノロジー
担当教員
教授学長
軽部 征夫/カルベ イサオ/KARUBE Isao
専門分野:応用生物工学
助教
中西 昭仁/ナカニシ アキヒト/NAKANISHI Akihito
専門分野:応用微生物学、遺伝子工学、代謝工学