応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 応用生物学部 研究室一覧> 生命機能応用(軽部征夫・吉田亘)研究室

生命機能応用(軽部征夫・吉田亘)研究室

研究内容

生命機能応用(軽部征夫・吉田亘)研究室
クリックで拡大
生命機能応用研究室では生体分子(タンパク質や核酸)や細胞、微生物が持つ優れた機能を利用し、病気を診断する方法や有用物質を効率的に生産する方法などの開発研究に取り組んでおります。例えば、有用なタンパク質や微生物を自然界から同定し、それを用いた疾病診断用バイオセンサーや環境測定用バイオセンサーの開発を行っております。また、遺伝子のスイッチとして働いているメチル化DNAに着目し、簡単に癌を診断できる方法の開発も行っております。さらに、ヒトゲノムDNA中の特殊なDNA構造の機能を明らかにし、医薬品の新たな標的を同定する研究も実施しております。
研究テーマ

1.有機物分解微生物の探索
2.微生物を用いた電気化学測定法の構築
3.生物変換法の開発
4.メチル化DNA検出法の開発
5.DNA四重鎖構造の機能解析

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
DNA・蛋白質測定 , ゲノム情報の応用 , バイオテクノロジー
担当教員
教授学長
軽部 征夫/カルベ イサオ/KARUBE, Isao
専門分野:応用生物工学
講師
吉田 亘/ヨシダ ワタル/YOSHIDA, Wataru
専門分野:核酸工学、エピジェネティクス、バイオセンサ