応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

食品機能化学(遠藤泰志)研究室

研究内容

食品機能化学(遠藤泰志)研究室
クリックで拡大
近年、狂牛病(BSE)や鳥インフルエンザ、食品の偽装表示など食品の安全と安心が問題となっています。食品に含まれる成分の中でも油脂の劣化は、異臭や異味を生じるだけでなく、食べた場合に下痢を引き起こすなど食品の品質を著しく低下させます。研究室では、油脂を含む食品の劣化の度合いを化学的に調べる方法や劣化を防止する技術を開発しています。また、食品成分の違いから食品を判別(鑑別)する他、食品成分のもつ新しい機能を明らかにする予定です。

研究テーマ

1.油脂食品の劣化機構の解明と防止技術の開発
2.食品鑑別技術の開発と食品の基準化(スタンダード化)への応用
3.天然に存在する特殊な脂肪酸の健康機能
4.微生物による脂質の修飾
5.天然物に含まれる健康機能成分の探索と作用機構の解明

プロジェクト独自ページ

研究キーワード
生命科学 , 食品
担当教員
教授
遠藤 泰志/エンドウ ヤスシ/ENDO, Yasushi
専門分野:食品化学、食品機能学、油脂化学