応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

植物工学(多田雄一)研究室

研究内容

植物工学(多田雄一)研究室
クリックで拡大
耐塩性植物であるソナレシバやマングローブの耐塩性機構を解明する研究を行なっています。ソナレシバは、海水の3倍の塩濃度である1500mM NaClで処理しても生存できます。また、ソナレシバのカリウムトランスポーターの特性がこれまで知られている植物のカリウムトランスポーターと異なることがわかってきました。この遺伝子を遺伝子組換えに利用することで耐塩性の強化による砂漠緑化植物やカリウム肥料がいらない植物の開発が可能になるかもしれません。他の野生シバのカリウムトランスポーターについても解析しています。
その他に乾燥に強いヤトロファ(ジャトロファ)の耐乾燥性遺伝子の同定、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを浄化する能力の強化、シシトウが辛くなる原因の探索などの植物バイオテクノロジーに関する幅広い研究を行なっています。
研究テーマ

1.植物の耐塩性に関する研究
2.植物の耐乾性に関する研究
3.ホルムアルデヒド浄化植物の研究
4.シシトウのカプサイシン生合成に関する研究
5.ストレス耐性強化剤に関する研究

プロジェクト独自ページ

http://www2.teu.ac.jp/tada/index.html

研究キーワード
植物 , 遺伝子 , バイオテクノロジー , 耐塩性 , 耐乾性 , 砂漠緑化 , 遺伝子組換え , カプサイシン , ホルムアルデヒド , トランスポーター
担当教員
教授就職部長
多田 雄一/タダ ユウイチ/TADA, Yuichi
専門分野:植物バイオテクノロジー、植物分子育種