応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

アンチエイジング

日本人の平均寿命は80歳を超え、健康に生活することへの要求が高まっています。健康寿命を延ばすために、老化の原因の解明を目指し、周辺分野の成果を吸収して実用に生かす研究が必要です。アンチエイジングは、健康寿命への高まる社会的な要求に応えるため、「老化」という生物学的な過程に食品や化粧品を手段として介入して健康を維持する技術です。この技術を生かし、健康長寿の日本に貢献していくことが求められています。