応用生物学部

School of Bioscience and Biotechnology 八王子

バイオマス

植物資源として利用できるものを「バイオマス」といい、その代表例がトウモロコシなどから作るエタノールです。バイオマスの利用が進めば、貴重な石油資源を節約できるのはもちろん、理論的に大気中のCO2を増やさないので地球温暖化防止にもつながると考えられています。本学部でも、公園の樹木を刈った際に出る葉や枝から液体燃料をつくりだす研究が進行中。廃棄物処理とエネルギー生産を同時に実現する技術として注目を集めています。


応用生物学部をめぐる注目のキーワード