戦略的教育プログラム

「能力開発推進教育プログラム」

東京工科大学 HOME> 学部・大学院案内> 応用生物学部> 戦略的教育プログラム 「能力開発推進教育プログラム」

Strategic education program

Skill development

応用生物学部の「戦略的教育プログラム」は、各種資格・検定試験の対策学修を行うことにより、学生の学修意欲の向上と能力開発、就職活動の支援につなげることを目的とする「能力開発推進教育プログラム」です。
「色彩検定」「フードアナリスト」「食品衛生責任者」「中級バイオ技術者」「危険物取扱者」など、応用生物学部の学びに関係の深い資格の取得や英語力検定試験「TOEIC IPテスト」を受験できるように、大学内でさまざまな対策講座を開講し、その参加費や試験費用を一部または全額を大学が負担します。
資格の取得は、就職活動のアピールポイントの一つになることはもちろんのこと、資格取得を目指す学修は、例えば、「中級バイオ技術者」での遺伝子工学・分子生物学・微生物学、「危険物取扱者」での化学など、関連科目の学力向上が期待できます。

資格取得支援プログラムの講座

  • 色彩検定2級

    色に関する知識・技能を理論的、系統的に学ぶことにより色彩の実践的活用能力を身につけることができます。本資格は、色に関する専門家として美容業界のメイクアップ、ファッションなどの商品企画やコンピュータグラフィクスなどのIT業界への就活に活用できます。
  • フードアナリスト4級

    食に関わる幅広い知識と教養を身につけた食の情報の専門家を認定する資格です。多くの大手食品会社で本資格の取得が要望されています。
  • 食品衛生責任者

    食品衛生では最も基本的な資格であり、飲食店では必ず一人、本資格の取得者をおくことが義務づけられています。
  • 中級バイオ技術者

    バイオ技術分野の基盤となる生化学や微生物学などの知識を持ち、指導者の指示のもとで遺伝子工学などのバイオ関連実験を適切かつ安全に実行しうる能力として認定されます。本資格は製薬会社や臨床検査会社などのバイオ技術関連企業への就職活動に活用できます。
  • 危険物取扱者 乙4類

    消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会ったりするために必要となる国家資格です。

検定試験対策

・TOEIC(TOEIC IPテスト)
1年生は全員が、「TOEIC」の学内試験を受験(受験料は大学負担)。その後も、TOEIC試験を学内で比較的安く受験することが出来ます。「TOEIC IPテスト」とは、TOEIC団体特別受験制度のことで、試験日、試験会場を申込者(東京工科大学)が任意で設定できる制度です。 ※IP:Institutional Program

平成29年度 資格取得について

  • 色彩検定2級合格者20名
  • フードアナリスト4級合格者66名
  • 食品衛生責任者合格者68名
  • 中級バイオ技術者合格者33名
  • 危険物取扱者 乙4類合格者5名
加藤 輝 教授 助教

学修意欲アップや自信になるうえ就職活動にも役立つ資格取得を、学部をあげて支援します!

詳細はこちら
資格支援プログラムについて