東京工科大学 HOME> プレスリリース> 2014年のプレスリリース> 京都水族館と協力してワークショップを開催

プレスリリース

Press Releases

京都水族館と協力してワークショップを開催

2014年9月29日掲出

>デザイン学部の若林尚樹教授 コンピュータサイエンス学部の政倉祐子助教

 デザイン学部の若林尚樹教授と、コンピュータサイエンス学部の政倉祐子助教が、京都水族館でワークショップを10月4、5日の2日間にわたって実施します。

 これは文部科学省の科学研究費の助成を受けて、甲南女子大学メディア表現学科の八尾里絵子准教授との共同研究として実施され、これまでも京都水族館やすみだ水族館等で実施してきた調査の一環です。

 ワークショップは、エイをテーマにした内容で、エイを観察しそれをもとに思い思いの模様を描いた組み立てキットを制作するというものです。その企画やデザイン制作なども甲南女子大学と京都水族館と協力して行い、100人を超える参加者のワークショップとして実施する予定です。ワークショップの中ではプログラムの進行にそって、参加する子どもたちの気持ちの変化を簡単な塗り絵によってとらえようとする研究で、期待感や達成感、難易度を表す温度計のイラストに、参加者のワークショップに対する気持ちの変化を「温度」として塗っていき、調査をします。

■観察をもとに「エイ」のペーパークラフトをつくってみよう
みんなでいっしょにエイ!をつくろう

「エイ」作成イメージ
「エイ」作成イメージ

このワークショップでは、大水槽で泳ぐエイについて飼育スタッフによる解説をもとに、エイについて学習しながらそれぞれの形や模様を観察することができます。
さらに、「こんなエイがいたらいいな」と想像をふくらませて、自分だけのエイをペーパークラフトで作ります。

※このワークショップは、東京工科大学beeプロジェクトと甲南女子大学メディア表現学科八尾ゼミの学生が企画・運営し、京都水族館協力のもと、開催いたします。

開催日:2014年10月4日(土)、10月5日(日)
時間:①10時30分~11時30分/ ②13時10分~14時10分/③14時40分~15時40分
開催場所:京都水族館 交流プラザ
参加対象:小学生以上

■詳細は下記をご確認ください
http://www.kyoto-aquarium.com/event/eiwotukurou.html

■東京工科大学beeプロジェクト
http://www.ds.teu.ac.jp/~wak/bee/


■デザイン学部WEB
http://www.teu.ac.jp/gakubu/design/index.html


■コンピュータサイエンス学部WEB
http://www.teu.ac.jp/gakubu/cs/index.html