プレスリリース

Press Releases

東京工科大学八王子キャンパスで『GlobalGameJam2016(GGJ2016)』が開催-東京工科大学メディア学部

2016年1月15日掲出

 2016年1月29日(金)から31日(日)の期間に『Global Game Jam 2016(GGJ2016)』が世界500以上(2015年の実績)の会場で開催され、東京工科大学八王子キャンパスもその1会場として実施されます。
会場の運営等をメディア学部が実施し、メディア学部生も参加します。

48時間という制限時間内で、世界中のゲーム開発者らが同時にゲーム開発を行なう世界最大規模のイベント『Global Game Jam 2016(GGJ2016)』が、2016年1月29日(金)から31日(日)まで、世界595の会場(1月13日現在)で行なわれます。

会場のひとつとなっている東京工科大学八王子キャンパスでは、国内会場で最大級となる70名(1月13日現在)が参加を予定。ゲーム開発に携わるプロや学生らが即席で6~8人のチームを結成し、当日発表されるテーマのもと48時間以内でのゲーム開発を目指します。完成したゲームはウェブサイト一斉にアップされ、世界中の開発者らが評価し合います。

GGJは2009年から開催しているもので、48時間という限られた時間内で、世界中のゲーム開発者たちが同時に開発に取り組み、革新的な発想や新しい技術や手法への挑戦を行なう実験的なイベントです。その規模は年々拡大し2012年には、世界47カ国595会場に1万人余りが集まり、2209のゲームが開発され、世界最大規模のゲーム開発イベントとしてギネス世界記録にも認定されています。その数は2015年には500会場を超え、ますます拡大しています。

東京工科大学では、実践的なゲーム開発教育の一環として、メディア学部の三上浩司准教授と学生らが中心となり、2010年からイベント運営やUSTREAMによるライブ番組の制作・配信などに携わっています。また、学生が実際にイベントに参加することで、ゲーム開発のプロセスが短時間に凝縮された現場を体験する貴重な機会となっています。

GGJ2016東京工科大学会場 実施概要

 日程:1月29日(金) 開会式(17:00~)・ゲーム開発
     30日(土) ゲーム開発
     31日(日) ゲーム開発・ゲーム公開(17:00~)

 会場:東京工科大学八王子キャンパス 片柳研究所棟
 参加人数:70名(1月13日現在)
 運営:東京工科大学メディア学部

関連リンク

 ■GGJ東京工科大学会場サイト
  http://www2.teu.ac.jp/media/~mikami/ggj2016.htm

 ■GGJ日本国内合同サイト
  http://ggj.igda.jp/

 ■GGJ公式サイト(英文)
  http://globalgamejam.org/

■東京工科大学メディア学部WEB
http://www.teu.ac.jp/gakubu/media/index.html

本件に関する問い合わせ
■東京工科大学 広報課
Tel.042-637-2119 / Fax.042-637-2059