バイオニクス専攻研究室一覧

バイオニクス専攻研究室一覧

細胞制御研究室

研究内容
細胞制御研究室
クリックで拡大
細胞制御研究室
クリックで拡大
当研究室では、健康な毛髪と肌の実現に資することを目的として、それらの構成細胞が細制御される仕組みを、細胞の制御分子であるシグナル分子のレベルから根本的に理解するための研究を行っています。
また関連領域として、幹細胞やがん細胞の制御を通じた再生医療や疾病治療、健康増進につなげることを目的として、シグナル分子によるこれらの細胞制御の研究や、生理活性発酵生産物に関する研究を行っています。
研究手法としては、細胞培養、分子細胞生物学、生化学、生理学、再生医学など幅広くにわたります。さらに、これらの研究で得られた知見を利用して、新規な化粧品、医薬品や健康保健食品などを開発することを目指して、関連企業と共同研究も行っています。
Our research goal is to achieve healthy skin and hair conditions through regulating the composing cells by polypeptide growth factors with the emphasis on fibroblast growth factor (FGF) family members. We also aim to obtain novel findings regarding the regulation of stem cells and cancer cells by the growth factor cell signaling. These goals are being pursued through both academic and translational collaborative bodies.
研究テーマ
1.毛髪と肌の分子細胞生物学・生理学・再生医学
2.最先端技術を用いた細胞増殖成分
(化粧品・医薬部外品・医薬品)の研究
3.健康サプリメントが肌や体に与える影響の研究
4.肌状態の測定方法の研究
5.化粧品会社、医薬品会社、発酵食品会社などとの共同研究
Molecular and cellular biology, physiology and regenerative technology of skin system.
- cell growth promoting substances for pharmaceuticals and cosmetics,
- analyses of the effects of health supplements on skin and general health.
- methodology for evaluation of skin conditions.
- collaborative research in various fields
プロジェクト独自ページ

     
担当教員
今村 亨 / IMAMURA, Toru / イマムラ トオル
教授
専門分野: シグナル分子、分子細胞生物学、皮膚科学、放射線生物学、糖鎖科学、生化学
プロフィール: 工業技術院にて主任研究員、研究室長、産業技術総合研究所にて研究センター、研究部門、研究ラボなどの主・副ユニット長を歴任。
その間、兼任として米国赤十字ホランドバイオメディカル研究所 客員研究員、
ベンチャー企業の創業者・CTO、筑波大学と東京理科大学で連携大学院教授を歴任。一貫して細胞増殖因子の研究に従事。
Director, Vice Director and Senior Researcher of several research institutes that belonged to National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST). Founder and CTO of a biotech venture company. Adjunct Professor at Tsukuba University and at Tokyo University of Science. Biomedical research activities focused on polypeptide growth factors.