• トップ
  • 片柳研究所について
  • 研究実施組織
片柳研究所 東京工科大学

片柳研究所について

研究実施組織

片柳研究所には、4つの研究実施組織を設けており、それぞれ、産官学連携を介して先端的研究を行っております。

ラボ
幅広い研究テーマについて、長期の研究計画により研究を行う組織
プロジェクト
特定の研究テーマについて、期間を限定して研究を行う組織
コンソーシアム
外部機関との研究協定により設置・運営される組織
センター
特定の先端的研究を行う組織
セラミックス複合材料センター
次世代材料として期待を集めるセラミックス複合材料の開発と、その材料の評価・信頼性評価手法に、産官学連携で取り組む、世界に類を見ない先端的研究施設です。
クリエイティブラボ・コンテンツテクノロジーセンター
片柳研究所4、5階に設置され、多くの産官学連携プロジェクトや文科省助成金に基づき研究が推進されております。
また、メディア学部やバイオ・情報メディア研究科の学生の研究の場としても活用されています。
バイオナノテクノロジーセンター
片柳研究所地下1階、6階に設置され、教員や学生が研究で使用する理化学機器を多数設置しており、バイオナノテクノロジー分野の包括的、総合的な研究を行うことができます。