• トップ
  • 片柳研究所について
  • 片柳研究所の役割
片柳研究所 東京工科大学

片柳研究所について

片柳研究所の役割

東京工科大学片柳研究所は、21世紀の新たな持続可能な社会に貢献する産官学連携の場です。同研究所には、バイオナノテクノロジーセンター、コンピューターサイエンスリサーチセンター、コンテンツテクノロジーセンター、セラミックス複合材料センターの4つの社会的に重要な研究分野のセンターがあります。これらのセンターでは、文部科学省(MEXT)、経済産業省(METI)、内閣府(CAO)などから委託された様々なプロジェクトを推進してきました。また、国際共同研究もいくつかのセンターで行われており、これらの最先端の研究開発に学生が参加し、世界最高レベルの機器を使用することは、大学全体の教育、特に大学院生の教育の質の向上に効果をあげています。同研究所は、将来的に可能な限り、本学における最高の研究と教育の場を維持できるよう努めます。その一環として、大学全体の研究活動を強化するために、新たに実践研究連携センターを設置しました。