片柳研究所とは

公的研究費の不正防止への取り組み

 大学における科学研究は、国民の信頼とそれに基づいた国民からの負託によって支えられています。とりわけ、公的研究費の不正使用は、その信頼と負託を大きく損なうものであり、それを起こした研究者が所属する機関ばかりではなく、我が国の科学技術振興体制を根底から揺るがすことになります。
 このことを踏まえ、東京工科大学は、公的性格を有する学術研究の信頼性と公正性を担保し、大学の学術研究業務に対する国民の信頼を確保するため以下の体制を整えています。

①コンプライアンス管理運営の体制 ②不正防止に関わる規程 ③通報・告発窓口 ④取引業者の皆様へ

1.コンプライアンス管理運営の体制

 最高管理責任者、統括管理責任者およびコンプライアンス推進責任者の相互協力体制により、不正行為防止の取り組みを推進しております。

最高管理責任者 学長 統括管理責任者 事務局長 コンプライアンス推進責任者 研究協力部長 研究倫理教育責任者 各学部長、学環長 研究科長、研究所長 コンプライアンス推進副責任者 研究協力課長、業務課長

2.不正防止に関わる規程

 本学では、公的研究費の不正防止に関して、基本方針および行動規範を明確に定めております。具体的な、不正防止事項については、「東京工科大学における研究費の不正使用及び研究活動に係わる不正行為の防止に関する規程」により定めるとともに、必要な内規等により運用しております。

行動規範 基本方針 研究費の不正使用及び研究活動に係わる不正行為の防止に関する規程 研究活動不正防止委員会 内部監査マニュアル 研究不正防止計画 懲罰委員会規程 科学研究費使用マニュアル 特殊な役務の検収ルール

3.研究者等の不正行為に関する通報窓口の仕組み

 東京工科大学は、研究者等が関係した不正使用又は不正行為に関する学内外からの通報・告発を受理するための窓口を設置しています。

通報者 保護体制の強化 研究協力課 コンプライアンス推進責任者 研究協力部長 統括管理責任者 事務局長 最高管理責任者 学長 不正防止委員会

4.取引業者の皆様へ

 昨今、大学等研究機関における研究費の不正使用事案が後を絶たないことを受けて、文部科学省において、取引業者の不正な取引への関与を防止するための規則が厳しく定められております。本学の研究者・教職員等からの不正取引の要請に対しては、毅然とした態度でご対応いただくとともに、通報窓口へのご連絡をお願いいたします。
 万が一不正使用に関与した場合は、学校法人片柳学園調達規程に基づき、取引停止等の措置を講じる場合があります。
 ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

研究者教職員 取引業者 通報窓口 取引停止