キャンパス案内

Campus guide

片柳研究所棟(八王子)

概要

平成15年にできた八王子キャンパスのシンボル的な存在の片柳研究所。バイオナノテクセンターをはじめとする最新鋭の設備が整っており、産学共同研究が行われています。応用生物学部の研究室、教員室、事務室等があります。

アクティブラーニングセンター

 東京工科大学では「教養スタンダード」を確立し、社会で活躍できる人材育成を行っています。
 2012年4月に教育組織として「教養学環」を設置したのに続き、ディスカッション、プレゼンテーション、グループワークなど能動型学習の拠点となる「アクティブラーニングセンター」を2013年4月、八王子キャンパスに開設しました。
 今後「アクティブラーニングセンター」を活用した授業を充実させ、社会で求められるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などを磨いていきます。

学修支援センター

「専門的な内容を学ぶ前に、もっと基礎を固めたい」「高校で習っていない内容があって不安…」「不得意科目について誰に相談したらいいかわからない」―――こうした学生の声に応えるために開設されているのが「学修支援センター」です。センター内には、数学や英語、理科など基本的科目の指導歴を持つ教員が常駐。学生は自分の好きな時間にセンターを訪ねて、納得いくまで個別の指導・アドバイスを受けることが可能です。また、プログラミングの指導については大学院生が親身に対応します。このような学修支援サービスを通じて在学生の基礎強化を図るとともに、入学前に修得しておくべき基礎学力を固める入学前教育なども実施しています。

バイオナノテクセンター

先端技術分野の中で最も大きな注目を集めているバイオテクノロジーとナノテクノロジーは、互いに密接な関係にあります。この両者を融合した"バイオナノテクノロジー"は21世紀社会に不可欠な新しい基盤技術であり、その研究の推進は産学官共通の最重要課題のひとつになっています。 東京工科大学では、時代の要請に応える新しい研究拠点として「バイオナノテクセンター」を片柳研究所内に開設しました。他大学に類を見ないこの先駆的施設には、世界最高水準の新鋭機器が用意されています。

バイオナノテクセンターのページ

クラウドサービスセンター

クラウドサービスセンターでは、パソコンやスマートフォンを用いて、コミュニケーションを図ったり、動画教材などの情報を共有したり、コンテンツやプログラムなどの知財を作ったりすることができるサービスを提供します。

クラウドサービスセンターのページ

クリエイティブラボ、コンテンツテクノロジーセンター

クリエイティブ・ラボは以下の3つのセクションで研究を行う機関です。

■ 教育・教材研究開発
教材制作や、カリキュラムの編成、実際の授業でのインストラクションなどを通じて、主に学園内での3DCGの指導に携わっています。

■ 次世代映像制作研究開発
デジタル技術を背景にして、映像制作の各工程を一本化し、制作の効率化をはかろうというものです。

■ コンテンツ制作流通研究開発
上記2.の手法を利用して、コンテンツを制作。それを世に広めていこうとするものです。

コンピュータサイエンスリサーチセンター

本学が誇る知の創造拠点である片柳研究所に設置され、いつでもどこでも自在に情報を活用できる「ユビキタスコミュニケーション」の研究や「リアルタイム制御」「インターネット情報活用」など、ICTの時代を拓くバラエティ豊かな先端研究を推進しています。

視聴覚ホール(大ホール)

約600人を収容できるホールは、250インチのリア投影式のプロジェクタ2画面と、300インチのハイビジョン対応のプロジェクタ1面があります。
音響設備は5.1chサラウンドに対応しています。

プレゼンテーションルーム

70人を収容し、ハイビジョン対応のプロジェクタ1面と5.1chサラウンド対応の音響設備を備えています。
各机はノートPCが収容できるようになっており、記者会見等ではここから記事を直接送ることができるようになっています。

講義室

90名を収容する講義室から300名越を収容する大講義室まで、合計12の講義室があります。
中には馬蹄形をした講義室もあります。

研究支援センター

研究支援センターの主な取扱い事項は次のとおりです。
・産学連携の窓口
・外部からの資金・人材・設備の受入、契約締結
・研究実施組織の運営支援
・研究成果管理、知的財産権管理等

研究支援センターのページ(学内者専用)
■ 研究支援センターメールアドレス: