入試の傾向と対策 東京工科大学2019年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2019年度入試情報> 前年度(2018年度)入試の傾向と対策【Ⅰ・A】

東京工科大学 前年度(2018年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・A】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

構成・出題形式

出題範囲は数学Ⅰ・A。3教科選択で試験時間は150分,解答はマークシートによる完成方式で,各日程とも大問3題の出題である。内訳を見ると,各日程とも大問1は小問3題からなる小問集合,大問2は小問2題からなる小問集合,大問3は1つのテーマに関する複数の設問で構成されている。

出題内容

大問ごとに見ると,大問1の小問集合は,主に無理数の計算,2次関数,図形の計量,データの分析などが出題されている。大問2の小問集合は,場合の数と確率の問題を軸として,図形の問題,方程式・不等式が出題されている。大問3は,A日程の1日目とB日程で図形の問題が出題されたことを除けば,すべて場合の数と確率の分野から出題されている。

難易度

大問1は教科書の章末問題レベル,大問2は入試基本レベル,大問3は入試標準レベルとなっており,高度な知識や計算能力を必要とするものは見られない。しかし,機械的に公式を当てはめれば得点につながるというようなタイプの問題はあまり見られず,計算力と思考力を比較すると,思考力を重要視する傾向がある。

学習対策


暗記数学ではなく,「使える数学」を目指す

しっかりと考えさせる問題が多く出題されていることから,試験で得点するための知識を暗記するだけの数学ではなく,内容を理解した上での「使える数学」となるように意識して学習するべきであろう。出題範囲は数学Ⅰ・Aと限られているが,それだけに苦手な項目は残さないようにしておきたい。

場合分けが必要な問題を意識して学習する

「数と式」や「2次関数」などの分野を苦手とする人はそれほど多くはないが,文字係数を多く含む関数の問題,絶対値を含む場合分けが必要な問題は差がつきやすい。したがって,これらのタイプの問題を意識的に選び,時間をかけて丁寧に学習するとよいだろう。

「場合の数と確率」の出来不出来が合否を分ける

数学Ⅰ・A型入試においては最重要の分野であると言ってもよく,十分な準備をしておきたい。他の分野のように決まった解法がないので,試行の内容をしっかりと把握した上で適切な計算方法を探っていくことが大切である。東京工科大の試験では頻出の分野なので,入試標準レベルの問題集などを利用し,じっくりと演習を積み重ねよう。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。