入試の傾向と対策 東京工科大学2018年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2018年度入試情報> 前年度(2017年度)入試の傾向と対策【Ⅰ・A】

東京工科大学 前年度(2017年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・A】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

構成・出題形式

大問3題の構成で,第1問は3つの独立した小問からなる小問集合,第2問は独立した2問からなる小問集合,第3問が1つのテーマの誘導型の問題となっている。出題形式はほぼ全問がセンター試験と同様の完成型マークシート方式である。

解答時間

解答時間は,3教科で150分という独特のものであり,単純に考えれば,数学にかけられる時間は50分前後,数学の大問1つあたりにかけられる時間は16分~17分ということになる。計算量の多い問題や,考えさせる問題も出題されるので,時間的には厳しいテストだと言える。

出題内容・難易度

出題範囲は数学Ⅰ・Aのみであるが,その分,「整数問題」や「確率」,「幾何図形」など,差が付きやすい単元からの出題の比率が高いのが特徴である。難易度は,おおむね教科書の章末問題のレベルから,センター試験レベルの標準問題が中心であるが,記憶を掘り起こすだけでなく,考えることを強いる出題になっている。

学習対策


基礎の強化

まず,数学I・A全般における基礎の強化を図りたい。少なくとも教科書に載っていることは漏れがないようにすべて定着させておきたい。重要事項を教科書で確認しながら,教科書傍用問題集などの基本問題の演習を通して,丁寧に定着させよう。

標準問題を利用した演習

ある程度基礎が出来上がったら,センター+αレベル程度の標準問題集を使って,実力を練成しよう。この際,出題頻度が高く,しかも自分が苦手とする単元から取り組むとよい。また,「2次関数」,「場合の数と確率」,「整数の性質」などは頻出であるため,これらの単元を優先的に固めておくことが入試対策上重要である。

大問3の対策

大問3の誘導型標準問題として出題されることが多い「場合の数と確率」は,この数学Ⅰ・Aにおいては最重要の単元であると言ってもよく,十分な準備をしておきたい。定型的な問題はもちろんのこと,初見の問題にもしっかり対応できるよう,少しレベルの高い問題の演習も取り入れて,じっくり取り組むべきである。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。