入試の傾向と対策 東京工科大学2018年度入試に備え、最新の傾向と対策を公開

東京工科大学 HOME> 入試・入学案内> 2018年度入試情報> 前年度(2017年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B】

東京工科大学 前年度(2017年度)入試の傾向と対策【数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B】

出題傾向と学習対策は、株式会社KEIアドバンスが作成しております。

出題傾向

構成・出題形式

大問3題の構成で,第1問は3つの独立した小問からなる小問集合,第2問は独立した2問からなる小問集合,第3問が1つのテーマの誘導型の問題となっている。出題形式はほぼ全問がセンター試験と同様の完成型マークシート方式である。

解答時間

150分という時間内に,数学以外の選択2教科と合わせた3教科の問題を解くという入試の形式で,他の教科がどの程度の時間で解けるかにもよるが,単純に考えれば数学にかけられる時間は50分前後ということになるだろう。このとき,大問1題あたりの解答時間は16分~17分程度である。

出題内容・難易度

数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(数学Bは「ベクトル」と「数列」のみ)が出題範囲である。今年度は2次曲線の問題が出題されなかったが,ほとんどすべての単元から出題されると考えておいた方がよいだろう。難易度は,教科書の章末問題のレベルから,標準問題を中心とする構成になっており,いわゆる難問の類は出題されていない。

学習対策


数学Ⅲの基礎力強化

数学Ⅲの場合,公式の暗記だけでは不十分で,それに基づいて的確に計算を遂行できるところまでが基礎である。十分な計算練習を行って,公式の定着と計算力の強化を同時に図りたい。また,数学Ⅲは数学Ⅱで学ぶ内容を背景にするので,数学Ⅲの学習をしていてつまずいたら,数学Ⅱの教科書も確認するようにするとよい。

標準問題を利用した演習

ある程度重要事項が定着し,計算力もついてきたら,標準レベルの問題演習に進むとよい。東京工科大学で出題される数学Ⅲ範囲の問題は比較的オーソドックスで,素直な発想で解ける問題が多いので,上記の基礎固めができていれば,きちんと対応できるはずである。

メモの取り方

出題形式はマークシート方式だが,論述式の答案を作るつもりで,整然としたメモを残すように心がけよう。マークシート方式の場合,自分が出した答えが解答欄に合わないということがよく起こるので,問題を解くときには,見直しを最短で行い,最低限の修正で正解にたどり着けるように,メモを取る練習も兼ねるようにしよう。

大学案内等の資料請求(無料)はこちらから

東京工科大学資料請求 入試問題集や募集要項、大学案内等を無料でお送りいたします。
入試について、くわしく知りたい方は、資料をご請求ください。

出願を希望される方は必ず募集要項をご確認ください。