研究プロジェクト

産業技術総合研究所 連携プロジェクト

環境用バイオセンサの開発
概要
産業の発展に伴って、環境に負荷を与える物質の蓄積が起こっています。例えば、河川の有機物質による汚染は生物化学的酸素要求量(BOD)で測定されますが、これを計測するには5日間を要するという問題があります。しかし、このバイオセンサの原理を用いれば、10分程度で予測することが可能です。新しいセンサは(株)菊池製作所と共同で開発しています。
従来のBODセンサー
従来のBODセンサー
高感度BODセンサー原理図)
高感度BODセンサー(原理図)
■研究担当者:軽部征夫軽部征夫/秋元卓央秋元卓央
       下村美文下村美文
産業技術総合研究所 連携プロジェクト一覧へ戻る