研究成果・発表

DNAアプタマーを用いたSNPs検出法の開発

関連イメージ

遺伝子多型の一つである一塩基多型(SNPs)の迅速且つ正
確な検出法の開発は,オーダーメイド医療などへの発展が
期待できるため非常に有用である。軽部研究室では,これ
までに胆汁酸の一種であるコール酸に結合すDNAアプタマ
ー(分子認識能を持つ1本鎖DNA)を得ており,そのDNAア
プタマーの推定二次構造が,3つのステムが交差した
three-way junction (TWJ)構造を持つことを確認してい
る。そこで,今回,表面プラズモン共(Surface
Plasmon Resonance; SPR)測定装置を用い、コール酸と
TWJの結合に着目したSNPsの簡便な検出法の開発を試み
た。本検出法により,SNPsを明確(ミスマッチのシグナル
が殆どない)且つ短時間(10分以内)に検出することに成
功した。

2006/02/16

研究関連写真
遺伝子の一塩基多型 (SNPs)
遺伝子の一塩基多型 (SNPs)
アプタマーとは?
アプタマーとは?
DNAアプタマーとコール酸の結合
DNAアプタマーとコール酸の結合
タグ配列を介したTWJ構造の会合
タグ配列を介したTWJ構造の会合
SNPsを明確に検出!
SNPsを明確に検出!
 
バイオニクス学部 軽部研究室
片柳研究所研究成果・発表一覧へ戻る