研究成果・発表

ひらめき☆ときめきサイエンス ~ようこそ大学の研究室へ~ KAKENHI

ヒトはなぜ老いるのか? -ヒトを老化させる化学反応を見て、アンチエイジングを考える-

『ヒトはなぜ老いるのか?なぜ20歳のままの姿で生活できないのか?』人類はこの課題を数千年前から考え続けてきましたが、未だ明確な解答を得ていません。あと10年もすれば、あなたにも老いを実感させる小さな出来事がきっと起こるでしょう。
最近老化は単純な化学反応で説明できるかもしれないことがわかってきました。特に注目される「糖化」と「酸化」について実験室で観察して、老化を人類がどのように考えてきたか一緒に考えましょう。

実施担当:応用生物学部 佐藤 拓己先生
先生のプロフィールはこちら

募集要項

日時: 平成27年11月23日(月・祝)
 10:30~16:20(受付:10:00~)スケジュールはこちら
 
開催場所: 東京工科大学八王子キャンパス・片柳研究所棟
 
対象: 中学生
 
人数: 20名※応募多数の場合は抽選
 
申込み方法: E-mail申込み jm-rsc@stf.teu.ac.jp
件名を「ひらめきときめき」とし、本文に以下を明記の上、お申込みください。
①氏名・フリガナ ②生年月日・性別 ③住所 ④電話番号 ⑤E-mail ⑥学校名・学年 ⑦同伴者の有無(「有」の場合、その方の氏名・フリガナ及び性別)
⑧保護者の同意の有無(受講希望者は必ず保護者の同意を得てください。) ⑨その他(プログラムに期待すること、など)
 
申込み締切日: 平成27年11月10日(火)
 
参加費: 無料
 
持ち物: 筆記用具
※受講者分の昼食は大学で準備します。
 

本プログラムは(独)日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI~」事業に採択されています。 「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI~」は、研究機関で行っている最先端の科研費の研究成果について、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが直に見る、聞く、ふれることで科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。