2021年4月東京工科大学が変わります!

東京工科大学 HOME> 東京工科大学が変わります!

医療保健学部に
リハビリテーション学科
を開設します

社会の高齢化などを背景に、医療・福祉の充実が求められている今、リハビリテーションの専門家のニーズはますます高まっています。こうした時代の要請に応えて東京工科大学は2021年4月、医療保健学部の学科を改組し、リハビリテーション学科[言語聴覚学専攻/理学療法学専攻/作業療法学専攻]を開設します(申請中)。充実した設備・カリキュラムを活用した実践的教育を通じて、質の高い人材の育成を進めます。

図:医療保健学部の学科
イメージ:リハビリテーション学科

入学定員および開設年度(予定)

リハビリテーション学科
言語聴覚学専攻:40名
理学療法学専攻:80名
作業療法学専攻:40名

2021年(令和3年)4月1日新設(申請中)

資格取得(予定)

リハビリテーション学科
言語聴覚学専攻:言語聴覚士国家試験受験資格
理学療法学専攻:理学療法士国家試験受験資格
作業療法学専攻:作業療法士国家試験受験資格

注目の医療専門職
「言語聴覚士」
をめざす専攻が誕生します

イメージ:「言語聴覚士」
イメージ:「言語聴覚士」

「話す」「聴く」「食べる」ことなどに関わる障害を持つ人に対して、それらの機能を回復させるためのリハビリテーションを行なう専門職が「言語聴覚士」です。東京工科大学の医療保健学部では、2021年4月に開設するリハビリテーション学科に、「言語聴覚学専攻」を設置します。同じ志を持つ仲間とともに、医療機関や保健・福祉施設、教育機関などで幅広く活躍する言語聴覚士をめざすことができます。