教養学環

教養学環について

急速に技術が進歩し、グローバル化が進む21世紀の社会で活躍するためには、さまざまな問題を発見、解決できる力が求められます。この認識を踏まえ東京工科大学では、「実学主義」教育の一環として「東京工科大教養スタンダード」を確立し、国際基準の教養と語学力、社会人基礎力を育むための教育組織「教養学環」を設置。学生は専任教員による指導のもと、本学卒業生として、そして社会人としてふさわしい教養と社会人基礎力を身につけます。

村上康二郎教養学環准教授が執筆に参加した書籍『改訂版 情報セキュリティ概論』が日本工業出版より出版されました。

村上康二郎教養学環准教授が執筆に参加した書籍『改訂版 情報セキュリティ概論』 が日本工業出版より出版されました。村上康二郎准教授は、第14章14.1「情報セキュリティと法」を執筆しています。

■村上康二郎教養学環准教授が執筆に参加した書籍『改訂版 情報セキュリティ概論』が日本工業出版より出版されました。
https://www.teu.ac.jp/information/2019.html?id=81

吉田俊実教養学環教授が東京新聞と中日新聞に掲載されました。

4月6日(土) 発行の中日新聞と東京新聞の朝刊に、 吉田俊実教養学環教授が、魚住昭氏(ジャーナリスト)、田中早苗氏(弁護士)、萱野稔人氏(津田塾大学教授)と4人で座談会を行い、「新聞週間」の特集記事として、顔写真付きで掲載されました。

■吉田俊実教養学環教授が東京新聞と中日新聞に掲載されました。
https://www.teu.ac.jp/information/2019.html?id=78

教養学環 佐久間 裕司 教授の取材記事を掲載しました。

社会や地域の支援活動を通じて学ぶ「サービスラーニング実習」を充実させ、学生が自ら問題発見・解決する力を育みます。

■教養学環 佐久間 裕司 教授の取材記事を掲載しました。
https://www.teu.ac.jp/gakubu/2019.html?id=7

サービスラーニング(地域貢献)について

東京工科大学では【地域の活性化】を目指し、またその活動を通し定められた期間や時間内における人々への支援を通して、社会人に必要な基礎力を身につけ、その成果に対して単位を認定する活動を『サービスラーニング(地域貢献)実習』を行っています。その情報を公開しました。

https://www.teu.ac.jp/campus/servicelearning/index.html

教養学環カリキュラムPick Up

サービスラーニング

東京工科大学では、社会人に必要とされる基礎力を身につけてほしいという教育方針から社会との接点を持った活動を奨励しています。その1つとして、『サービスラーニング実習』という科目を設定しています。

詳細はこちら

海外プロブラム

アメリカ・ロサンゼルスやシンガポールで異文化社会を実際に体験することを通して視野を広めることができる「海外研修」とイギリス・ブライトンやフィリピンのデ・ラ・サール大学で英語と文化を体験学習できる「海外語学研修」があります。

詳細はこちら

3つの教育手法

アクティブラーニング

教養教育では、学生の主体性を引き出すアクティブラーニング手法を取り入れています。プレゼンテーション、ディスカッションなどの能動的学修を多用し、知識の修得にとどまらず、これらのスキルやマナーの向上、さらには問題発見・解決力の向上を図っています。また、アクティブラーニングセンターを設置し、学生の主体的な学修を支援しています。

少人数教育

アクティブラーニングをより効率的に行うために、学生同士のディスカッションに加え、積極的な協同学修も必要となります。そこで教養教育の授業においては、とりわけ外国語科目や社会人基礎科目ではクラスの人数をできるだけ少なくして、学生同士や学生と教員のコミュニケーションを図りやすくし、それによって活発な議論が展開されるように工夫しています。

学修支援を導入

専門的知識の獲得や社会人として必要な能力を高めるためには、一定水準の基礎学力が欠かせません。学修支援センターでは数学や英語などの基礎科目の習熟度に応じて、熟練講師による個別の学修支援を行っています。また、数学、英語については入学直後のプレースメントテストの結果によりクラス編成を行い、習熟度に応じた教育を行っています。

教養学環の紹介ビデオ

2012年に誕生した本学独自の教養教育組織である「教養学環」の紹介ビデオです。教養学環の3つの特色である「アクティブラーニング」「少人数教育」「学修支援」の説明をいたします。

教養科目群

人文・社会科目群

人文科目

哲学、心理学、言語学の他にも、多様な文化や人々の中での行動のあり方を理解するために、宗教学や倫理学なども学修します。

社会科目

政治学、経済学、法学では、人間行動が引き起こすさまざまな社会現象の理解とそのメカニズム、社会制度の構造や機能について学びます。

外国語科目群

学問研究や社会活動に対応できる実践的な語学レベルを目標とし、また、国際的教養と自主性、積極性、協調性を養います。

社会人基礎・ウェルネス科目群

社会人基礎科目

フレッシャーズゼミ、キャリアデザイン教育、体験型プログラムを通して、社会貢献に必要な能力とマナー、職業選択力、就業力などを養成します。

ウェルネス科目

健康に生活するための正しい知識とそのための運動を理解します。また。生涯スポーツの大切さを学び、その基盤の形成を目指します。

情報・数理・自然科学科目群

基本的なコンピュータ・ネットワークのスキル、実社会に適用できる数理系の概念の理解、自然科学の全体像を把握します。

学修支援センター

能動的学習の拠点「アクティブラーニングセンター」内に設置されている「学習支援センター」では、数学・英語・物理・電気回路・生物・化学・生化学・有機化学・文章表現の豊富な指導歴を持つ教員とプログラミングに詳しい大学院生が常駐し、個別の質問に対してアドバイスや指導を行っています。
マンツーマンで学べることが大きな特長で、学生からは理解度に合わせて教えてもらえる、気軽に利用できると好評で、年間約3000名(延べ)が利用しています。

教員紹介

勝浦 寿美 教授 / 教養学環長
勝浦 寿美
専門分野:ヤングアダルト小説等の翻訳、アメリカ研究(アメリカ文学、文化)